ホーム > アルバム > 777904-2 J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲集 BWV 1041-1043/オーボエ協奏曲 BWV 1060R (コンチェルト・コペンハーゲン/モルテンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777904-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
アーティスト
ビャッテ・アイケ Bjarte Eike , マンフレッド・クレーマー Manfredo Kraemer , コンチェルト・コペンハーゲン Concerto Copenhagen , ペーター・スピシュスキー Peter Spissky , アントワーヌ・トリュンツィク Antoine Torunczyk , フレドリーク・フレム Fredrik From , ラース・ウルリク・モルテンセン Lars Ulrik Mortensen

J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲集 BWV 1041-1043/オーボエ協奏曲 BWV 1060R (コンチェルト・コペンハーゲン/モルテンセン)

BACH, J.S.: Violin Concertos, BWV 1041-1043 / Oboe Concerto, BWV 1060R (Concerto Copenhagen, Mortensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777904-2

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 BWV 1041

Violin Concerto in A Minor, BWV 1041

録音: 31 March - 3 April 2011, Garnisons Kirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3987924
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro assai
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV 1042

Violin Concerto in E Major, BWV 1042

録音: 31 March - 3 April 2011, Garnisons Kirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3987925
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro assai
6.

-

 
**:**
2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1043

Concerto for 2 Violins in D Minor, BWV 1043

録音: 31 March - 3 April 2011, Garnisons Kirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3987926
**:**
»  I. Vivace
7.

-

**:**
»  II. Largo ma non tanto
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
オーボエ協奏曲 ニ短調 BWV 1060R

Oboe Concerto in D Minor, BWV 1060R

録音: 31 March - 3 April 2011, Garnisons Kirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3987927
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Largo ovvero Adagio
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/12/01
コペンハーゲンを代表するバロック・アンサンブル「コンチェルト・コペンハーゲン(CoCo)」と、音楽監督のラルス・ウルリク・モーテンセン。彼らの活動は近年更に目覚ましく進化を遂げています。彼らによるJ.S.バッハ(1685-1750)の録音は、これまでにもハープシコード協奏曲や、他レーベルでの声楽作品があり、こちらも高く評価されていますが、それに満足することなく、今回も考え抜かれた解釈と独創性に満ちたヴァイオリン協奏曲を演奏、バッハに対する愛と、その素晴らしさを見せつけています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。