ホーム > アルバム > 777905-2 サマヴィル/コールリッジ=テイラー/ウォルシュー:イギリスのクラリネット五重奏曲集(シーゲンターラー /ライプツィヒ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777905-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
リチャード・ウォルシュー Richard Walthew , サミュエル・コールリッジ=テイラー Samuel Coleridge-Taylor , アーサー・サマヴェル Arthur Somervell
アーティスト
スティーヴン・シーゲンターラー Stephan Siegenthaler , ライプツィヒ弦楽四重奏団 Leipzig String Quartet

サマヴィル/コールリッジ=テイラー/ウォルシュー:イギリスのクラリネット五重奏曲集(シーゲンターラー /ライプツィヒ弦楽四重奏団)

Chamber Music - SOMERVELL, A. / COLERIDGE-TAYLOR, S. / WALTHEW, R.: (British Clarinet Quintets) (Siegenthaler, Leipzig String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777905-2

全トラック選択/解除

アーサー・サマヴェル - Arthur Somervell (1863-1937)

**:**
クラリネット五重奏曲 ト長調

Clarinet Quintet in G Major

録音: 6-8 December 2013, Gemeindesaal Pauluskirche Zehlendorf, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4233773
**:**
»  I. Sostenuto - Allegretto grazioso (quasi andante)
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Lament: Adagio non troppo
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace
4.

-

サミュエル・コールリッジ=テイラー - Samuel Coleridge-Taylor (1875-1912)

**:**
クラリネット五重奏曲 嬰ヘ短調 Op. 10

Clarinet Quintet in F-Sharp Minor, Op. 10

録音: 6-8 December 2013, Gemeindesaal Pauluskirche Zehlendorf, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4233774
**:**
»  I. Allegro energico
5.

-

**:**
»  II. Larghetto affettuoso
6.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro agitato
8.

-

リチャード・ウォルシュー - Richard Walthew (1872-1951)

**:**
短い五重奏曲 変ホ長調
9.

A Short Quintet in E-Flat Major

録音: 6-8 December 2013, Gemeindesaal Pauluskirche Zehlendorf, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4233775
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/05/01
聴く前から、かなりの名曲であることが想像できるイギリスのクラリネット五重奏曲集。クラリネットの柔らかいまろやかな音色は、イギリスの少し煙った青空のイメージを想起させるせいでしょうか?多くの歌曲で知られるサマヴェルの、ブラームスを思わせる五重奏、アフリカ系の血をひくコールリッジ=テイラーの民謡風の五重奏曲、ヒューバート・パリーの弟子で、いくつかの室内楽作品で知られるウォーズーの素朴で小さな五重奏曲と、どれもが伸びやかで美しい世界を形成しています。様々なコンクールで入賞経験を持つ名手ジーゲンターラーとライプツィヒ弦楽四重奏団による落ち着いた演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。