ホーム > アルバム > 777908-2 ユオン:狂詩的交響曲/奇想的交響曲(バンベルク響/ジェンキンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777908-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
パウル・ユオン Paul Juon
アーティスト
グレアム・ジェンキンス Graeme Jenkins , バンベルク交響楽団 Bamberg Symphony Orchestra

ユオン:狂詩的交響曲/奇想的交響曲(バンベルク響/ジェンキンス)

JUON, P.: Rhapsodische Sinfonie / Sinfonietta capricciosa (Bamberg Symphony, G. Jenkins)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777908-2

全トラック選択/解除

パウル・ユオン - Paul Juon (1872-1940)

**:**
狂詩的交響曲 Op. 95

Rhapsodische Sinfonie, Op. 95

録音: 13-17 January 2015, Konzerthalle Bamberg, Joseph-Keilberth-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5378377
**:**
»  I. Commodo
1.

-

**:**
»  II. Allegro marciale
2.

-

 
**:**
奇想的交響曲 Op. 98

Sinfonietta capricciosa, Op. 98

録音: 13-17 January 2015, Konzerthalle Bamberg, Joseph-Keilberth-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5378378
**:**
»  I. Moderato
3.

-

**:**
»  II. Adagio molto
4.

-

**:**
»  III. Allegro
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/10/01
スイス系ロシア人作曲家、パウル・ユオン(1872-1940)の作品集。1889年にモスクワ音楽院に入学、作曲と音楽理論をアレンスキーとタネーエフに学び、その後はベルリン高等音楽学校に留学し、ヴォルデマール・バルギールに師事した、ドイツとロシアの両方の音楽の良いところを取り入れた重厚な作品を書いた作曲家です。1898年からベルリンの母校で30年以上も教授を務め、ヴォルペやヤルナッハを育てましたが、ナチスの侵攻を避け、1934年にジュネーブ湖のそばに住まいを決め、亡くなるまでの6年間を作曲活動に身を捧げました。ロシア風のファンファーレで始まる「狂詩的交響曲」は1937年から1938年に作曲された大作で、彼自身の生涯を反映させたとされる壮大な作品です。もう一つの「奇想的交響曲」は1939年の夏、ユオンの最後の管弦楽作品。複雑なリズムと和声に彩られているものの、古典的な3楽章形式を持つシンプルな作風で、前述の「狂詩的交響曲」とは逆の雰囲気を有しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。