ホーム > アルバム > 777921-2 アグリコラ:クリスマス・カンタータ集(ゾルセット/アルボウツ/ムルロイ/フィーヴェク/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777921-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・アグリコラ Johann Agricola , ヨハン・フリードリヒ・アグリコラ Johann Friedrich Agricola
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , カール・ウィルヘルム・ラムラー Karl Wilhelm Ramler
アーティスト
ミリアム・アルボウツ Myriam Arbouz , ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ Michael Alexander Willens , ケルン・アカデミー Kölner Akademie , ベリト・ノルバッケン・ゾルセット Berit Norbakken Solset , マティアス・フィーヴェク Matthias Vieweg , ニコラス・マルロイ Nicholas Mulroy , ダニエル・ロテルト Daniel Rothert , Chris Weddle

アグリコラ:クリスマス・カンタータ集(ゾルセット/アルボウツ/ムルロイ/フィーヴェク/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

AGRICOLA, J.F.: Christmas Cantatas (Berit, Arbouz, Mulroy, Vieweg, Kölner Akademie, Willens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777921-2

全トラック選択/解除

ヨハン・フリードリヒ・アグリコラ - Johann Friedrich Agricola (1720-1774)

**:**
御子は生まれたもうた

Ein Kind ist uns geboren

録音: 5-7 June 2014, Deutschlandfunk, Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3872347
**:**
»  Chorale: Uns ist ein Kind geboren (Chorus)
1.

-

**:**
»  Aria: Jauchze, frohlocke (Soprano)
2.

-

**:**
»  Recitative: So ist die angenehme Zeit (Alto) - Drum lasst uns den Immanuel (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
3.

-

**:**
»  Chorale: Das Jesulein soll doch mein Trost (Chorus)
4.

-

**:**
»  Aria: Schliess, Verdamnis (Bass)
5.

-

**:**
»  Chorale: Denn bei dieses Kindes Wiegen (Chorus)
6.

-

**:**
»  Recitative: Eilt nur getrost, ihr Hirten (Tenor)
7.

-

**:**
»  Aria: Holder Jesu, deine Namen sind mein Labsal (Alto)
8.

-

**:**
»  Chorale: Mit meinem lieben Jesulein (Chorus)
9.

-

**:**
»  Aria: Wie freudig schalt in meinen Ohren die Post (Tenor)
10.

-

**:**
»  Recitative: Hinweg was irdisch heisst (Bass) - Auf! Kommt mit mir, ihr die ihr Christi Namen nennet (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
11.

-

**:**
»  Chorale: Auf dies, mein liebes Jesulein (Chorus)
12.

-

 
**:**
Die Hirten bey der Krippe zu Bethlehem

録音: 5-7 June 2014, Deutschlandfunk, Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3872483
**:**
»  Pastorale
13.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Hier schlaft es (Soprano)
14.

-

**:**
»  Aria: Hirten aus den guldnen Zeiten (Soprano)
15.

-

**:**
»  Recitative: Die Lowe wiegt in seinen Klauen (Soprano, Tenor)
16.

-

**:**
»  Duet: Kehre wieder, holder Friede (Sopran, Tenor)
17.

-

**:**
»  Recitative: Die Pestilenz darf ferner nicht (Tenor)
18.

-

**:**
»  Aria: Schonstes Kind (Sopran)
19.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Ach, seht! (Bass)
20.

-

**:**
»  Chorale: Ehre sei Gott in der Hohe (Chorus)
21.

-

ヨハン・アグリコラ - Johann Agricola (1492-1566)

**:**
Kundlich gross ist das gottselige Geheimnis

録音: 5-7 June 2014, Deutschlandfunk, Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3872484
**:**
»  Kundlich gross ist das gottselige (Chorus)
22.

-

**:**
»  Recitative: So soll denn nun der dunkle Ball (Alto, Bass)
23.

-

**:**
»  Aria: Gottlichs Kind! lass mit Entzucken (Alto)
24.

-

**:**
»  Recitative:Ach! welcher holde Ton (Soprano, Bass)
25.

-

**:**
»  Meine seele erhebet den Herrn (Chorus)
26.

-

**:**
»  Aria: Steige, falle, zirkle, walle (Tenor)
27.

-

**:**
»  Fur solche gnadenreiche Zeit (Chorus)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
作曲家アグリコラ(1720-1774)の名前は、現在ほとんど忘れられてしまっていますが、フリードリヒ・グラウンと同世代の作曲家であり、当時はとても人気のある人でした。史実に残っていることとしては、1763年2月にプロイセン王国とオーストリアの間で結ばれた「七年戦争」の講和条約…フベロトゥスブルク条約のあとに、それまでオペラ上演が禁じられていたベルリン国立歌劇場の再開公演で、グラウンの「メーロベ」を指揮したことでしょうか。グラウンから大きな影響を受けていたアグリコラの心の中は察する他ありませんが、結局、音楽界の中心は彼に移ることはなくそのまま埋もれてしまいました。このクリスマスのための音楽は、静かで敬虔な雰囲気を有した荘厳なもの。バッハのクリスマス・オラトリオに先立つ祝典的な雰囲気を持った隠れた名作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。