ホーム > アルバム > 777924-2 ヒルセ:オラトリオ「人生のミサ」(メルトン/ロンベルガー/サドニーク/バイコフ/国立女声青年合唱団/オランダ放送大合唱団/シュテンツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777924-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ヤン・ファン・ヒルセ Jan van Gilse
作詞家
リヒャルト・デーメル Richard Dehmel
アーティスト
オランダ放送大合唱団 Groot Omroepkoor , 国立女声青年合唱団 Nationaal Vrouwen Jeugdkoor , ローマン・サドニーク Roman Sadnik , マルクス・シュテンツ Markus Stenz , ウラディミール・バイコフ Vladimir Baykov , ハイディ・メルトン Heidi Melton , オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団 Radio Filharmonisch Orkest , ゲルヒルト・ロンベルガー Gerhild Romberger

ヒルセ:オラトリオ「人生のミサ」(メルトン/ロンベルガー/サドニーク/バイコフ/国立女声青年合唱団/オランダ放送大合唱団/シュテンツ)

GILSE, J. van: Lebensmesse (Eine) [Oratorio] (Melton, Romberger, Sadnik, Baykov, Nationaal Vrouwen Jeugdkoor, Groot Omroepkoor, Stenz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777924-2

全トラック選択/解除

ヤン・ファン・ヒルセ - Jan van Gilse (1881-1944)

**:**
オラトリオ「人生のミサ」

Eine Lebensmesse

録音: 31 May 2013, Live recording, Vredenburg Leidsche Rijn, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5003512
**:**
»  Part I: Prelude: Sehr langsam
1.

-

**:**
»  Part I: Wenn der Mensch (Chorus of the Old Men, A Maiden, Chorus of the Fathers, A Hero, Chorus of the Mothers)
2.

-

**:**
»  Part II: Ich kenne keinen, der mich will leben sehn (An Orphan, 2 Experienced Eccentrics, The One Alone, The One, The Others, The Hero, Chorus of the Children, Old Men, All the Adults)
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/06/01
オランダの作曲家ヤン・ファン・ヒルセ(1881-1944)は神学者の家庭に生まれ、幼い頃からピアノ演奏に才能を発揮し、ケルン音楽院でフランツ・ヴュルナーに学び、ベルリンではフンパーディンクに師事し作曲法の研鑽を積んでいます。数多くの賞を獲得するなど作品も評価されましたが、第一次世界大戦が勃発した頃から、オーケストラとの紛争などが原因でオランダでの地位を失い、その作品もほとんどがお蔵入りになってしまったのです。このデーメルの詩をテキストにした「人生のミサ」もそんな作品の一つで、4人のソリストと2組の合唱、オーケストラという大規模な編成を必要とするこのオラトリオは、マーラーや現代音楽を得意とする指揮者マルクス・シュテンツによって、2013年になってようやく初演、録音されたのです。ワーグナーの影響も感じられるこの大作、後期ロマン派音楽好きなら一聴の価値あるものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。