ホーム > アルバム > 777940-2 ライネッケ:音楽劇「野の白鳥」(ラボンテ/ロンバーガー/ケルナー/シ・シュン/ブランツ/クライナート/シュヴァネン=アンサンブル/エンケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777940-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カール・ライネッケ Carl Reinecke
作詞家
カール・クーン Karl Kuhn
アーティスト
ハーゲン・エンケ Hagen Enke , ペーター・クエンツ Peter Kreutz , クリスティアン・クライネルト Christian Kleinert , ペーター・グリカ Peter Gulyka , マルクス・ケーラー Markus Kohler , シ・シュン Shuang Shi , シュヴァネン=アンサンブル Schwanen-Ensemble , ノルベルト・シュテルツ Norbert Stertz , レベッカ・ブランツ Rebecca Blanz , ミリアム・ペトリ Mirjam Petri , ヒュー・マクレガー Hugh McGregor , キルステン・ラボンテ Kirsten Labonte , ゲルヒルト・ロンベルガー Gerhild Romberger

ライネッケ:音楽劇「野の白鳥」(ラボンテ/ロンバーガー/ケルナー/シ・シュン/ブランツ/クライナート/シュヴァネン=アンサンブル/エンケ)

REINECKE, C.: Wilden Schwäne (Die) (Labonte, Romberger, Köhler, Shuang Shi, R. Blanz, Kleinert, Schwanen-Ensemble, H. Enke)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777940-2

全トラック選択/解除

カール・ライネッケ - Carl Reinecke (1824-1910)

**:**
音楽劇「野の白鳥」 Op. 164

Die wilden Schwäne, Op. 164

録音: February 2014, Concert Hall, Hochschule für Musik Detmold, Detmold, North Rhine-Westphalia, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4666488
**:**
»  Song of the King's Children: Es war einmal ein König gut (Chorus)
1.

-

**:**
»  Dialogue: So tönt' aus holder Kindermund
2.

-

**:**
»  The Queen's Curse: Verwünschet seid (Queen)
3.

-

**:**
»  Dialogue: Da wandelten auf ihr Geheiß
4.

-

**:**
»  Bedtime Prayer: Mutter Gottes, gnadenreiche (Elfriede)
5.

-

**:**
»  Einsam unter Waldesbäumen (Chorus of Glow-worms)
6.

-

**:**
»  Dialogue: Als früh Elfriede aus dem Schlaf erwacht
7.

-

**:**
»  Der Herr schaut vom Himmel (Chorus of Angels)
8.

-

**:**
»  Greeting to the Sea: Hat mich ein schöner Traum berückt (Elfriede)
9.

-

**:**
»  Dialogue: Und Wog' auf Woge zum Strande rauscht
10.

-

**:**
»  Rasch hernieder nun in leuchtendem Zug (Chorus of Swans)
11.

-

**:**
»  Dialogue: Welch' ein Anblick! Leuchtend nieder
12.

-

**:**
»  Hinan, hinan zu lichten Fernen (Chorus of Swans)
13.

-

**:**
»  Dialogue: Nun hat Elfriede sich ins Netz gelegt
14.

-

**:**
»  Longing: Löse mir die müden Glieder (Elfriede)
15.

-

**:**
»  Dialogue: Elfriede schläft und heller Schein
16.

-

**:**
»  The Fairy's Promise: Du kannst die Brüder dir befrei'n (Queen)
17.

-

**:**
»  Dialogue: So sprach sie und entschwebt zur Höh'
18.

-

**:**
»  Song: Steh ich hier in wachen Träumen (Prince)
19.

-

**:**
»  Dialogue: Da hob sie der Königssohn auf sein Ross
20.

-

**:**
»  Wedding Music
21.

-

**:**
»  Dialogue: So ward Elfriede denn die Frau
22.

-

**:**
»  Badend uns im Mondenschein (Chorus of Lamiae)
23.

-

**:**
»  Dialogue: Entsetzen hat Elfrieden fort
24.

-

**:**
»  Nicht verzagt, nicht verzagt (First Trottle, Second Trolle, Chorus of Mice and Thrushes)
25.

-

**:**
»  Dialogue: Vor Tag noch wollt ihr fertig sein
26.

-

**:**
»  Hierher Brüder, senkt euch eilend herab (Chorus of Swans)
27.

-

**:**
»  Dialogue: Wie mächtig bebt in lautbewegtem Schlag
28.

-

**:**
»  Final Song: Nun darf ich reden, nun endet das Schweigen (Elfriede, Prince)
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/01/01
現在では専ら、愛らしいフルート・ソナタ「ウンディーネ」のみで知られる作曲家カール・ライネッケ(1824-1910)。地味で保守的な作風が災いして、決定的な人気を勝ち取ることができず、何曲か手掛けたオペラもほとんど忘れられてしまった人です。cpoレーベルでは、そんなライネッケの作品をひたすらリリースし、その魅力を伝えることに力を注いでいます。この音楽劇「野の白鳥」はアンデルセンの同名の童話を元にした作品で、継母に苛められる王女エリサとその11人の兄弟の物語です。魔法で白鳥に変えられてしまった兄弟を救うために、トゲだらけのイラクサでチョッキを編むエリサ。呪いと魔法、そして真の愛を描いたこのお話にライネッケは見事な音楽をつけました。オーケストラを用いることなく、ピアノと独唱、女声合唱、ハープ、2台のホルン、チェロという組み合わせで精緻な響きを紡ぎだしています。各々の奏者が醸しだす豊かな世界をご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。