ホーム > アルバム > 777941-2 パパンドプロ:ピッコロ協奏曲/チェンバロ協奏曲/5つの管弦楽伴奏歌曲(トゥルク/コフラー/ハルベック/南西ドイツ・プフォルツハイム室内管/ハンドシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
777941-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 協奏曲
作曲家
ボリス・パパンドプロ Boris Papandopulo
作詞家
クルト・バルテル Kurt Barthel
アーティスト
ミヒャエル・マルティン・コフラー Michael Martin Kofler , ミリェンコ・トゥルク Miljenko Turk , 南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団 South West German Chamber Orchestra, Pforzheim , イェルク・ハルベック Jörg Halubek , ティーモ・ハンドシュ Timo Handschuh

パパンドプロ:ピッコロ協奏曲/チェンバロ協奏曲/5つの管弦楽伴奏歌曲(トゥルク/コフラー/ハルベック/南西ドイツ・プフォルツハイム室内管/ハンドシュ)

PAPANDOPULO, B.: Piccolo Concerto / Harpsichord Concerto / 5 Orchestral Songs (M. Turk, Kofler, Halubek, Handschuh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777941-2

全トラック選択/解除

ボリス・パパンドプロ - Boris Papandopulo (1906-1991)

**:**
ピッコロ協奏曲

Piccolo Concerto

録音: 20 February 2015, Ev. Matthäuskirche, Pforzheim-Arlinger, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6897958
**:**
»  I. Predigra
1.

-

**:**
»  II. Romanca
2.

-

**:**
»  III. Igra
3.

-

 
**:**
チェンバロ協奏曲

Harpsichord Concerto

録音: 7-9 July 2016, Ev. Matthäuskirche, Pforzheim-Arlinger, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6897959
**:**
»  I. Toccata
4.

-

**:**
»  II. Aria
5.

-

**:**
»  III. Rondeau
6.

-

 
**:**
5つの管弦楽伴奏歌曲

5 Orchestral Songs

録音: 7-9 July 2016, Ev. Matthäuskirche, Pforzheim-Arlinger, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6897960
**:**
»  No. 1. Totensonntag 1920
7.

-

**:**
»  No. 2. Rock 'n' Roll
8.

-

**:**
»  No. 3. Judenliedchen
9.

-

**:**
»  No. 4. Lied der Granaten
10.

-

**:**
»  No. 5. Sing in den Wind
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
20世紀の作曲家パパンドプロの作品集。ギリシア系の血を引いていますが、生まれも育ちもクロアチア、ザグレブで、地元の音楽院を卒業後は、オーストリアの「新ウィーン音楽院 Neues Wiener Konservatorium」(1938年、オーストリア併合により廃校)で作曲と指揮を学びました。400曲を越える多くの作品は十二音も含む新古典派主義の作風の中に、クロアチアの民族音楽と、ジャズの要素が融合されたユニークなもの。作品における楽器の選び方も独特で、このアルバムでもピッコロ協奏曲とチェンバロ協奏曲、弦楽オーケストラとハープ伴奏による歌曲を聴くことができます。なかでも「チェンバロ協奏曲」は、トッカータ風の音形による第1楽章、牧歌的な旋律を持つ第2楽章、再度トッカータ風の音形が登場する第3楽章で構成された古典的な性格を持つユニークな作品です。また、ハープの絶妙な響きが用いられた歌曲は印象派風の味わいを持っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。