ホーム > アルバム > 777953-2 ヴェリズモ・オペラの間奏曲集 - プッチーニ/マスカーニ/レオンカヴァッロ/ジョルダーノ(グラーツ・フィル/ツォッケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777953-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ Ermanno Wolf-Ferrari , ウンベルト・ジョルダーノ Umberto Giordano , フランチェスコ・チレア Francesco Cilea , ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini , ピエトロ・マスカーニ Pietro Mascagni , イタロ・モンテメッツィ Italo Montemezzi , ルッジェーロ・レオンカヴァルロ Ruggero Leoncavallo
アーティスト
グラーツ・フィルハーモニー管弦楽団 Graz Philharmonic Orchestra , ロドヴィコ・ツォッケ Lodovico Zocche

ヴェリズモ・オペラの間奏曲集 - プッチーニ/マスカーニ/レオンカヴァッロ/ジョルダーノ(グラーツ・フィル/ツォッケ)

Opera Intermezzi - PUCCINI, G. / MASCAGNI, P. / LEONCAVALLO, R. / GIORDANO, U. (Intermezzi del Verismo) (Graz Philharmonic Orchestra, Zocche)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777953-2

全トラック選択/解除

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
交響的前奏曲
1.

Preludio Sinfonico

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391575
 
**:**
歌劇「妖精ヴィッリ」 - 第2幕 妖精たちの踊り
2.

Le Villi, Act II: La tregenda

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391636
 
**:**
歌劇「マノン・レスコー」 - 第3幕 間奏曲
3.

Manon Lescaut, Act III: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391637
 
**:**
歌劇「修道女アンジェリカ」 - 間奏曲
4.

Suor Angelica: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391638

ピエトロ・マスカーニ - Pietro Mascagni (1863-1945)

**:**
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 - 間奏曲
5.

Cavalleria Rusticana: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391639
 
**:**
歌劇「友人フリッツ」 - 第2幕 間奏曲
6.

L'amico Fritz, Act II: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391640
 
**:**
歌劇「仮面」 - 序曲
7.

Le Maschere: Sinfonia

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391641

ルッジェーロ・レオンカヴァルロ - Ruggero Leoncavallo (1857-1919)

**:**
歌劇「道化師」 - 第1幕 間奏曲
8.

Pagliacci, Act I: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391642

ウンベルト・ジョルダーノ - Umberto Giordano (1867-1948)

**:**
歌劇「フェドーラ」 - 第2幕 間奏曲
9.

Fedora, Act II: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391643

フランチェスコ・チレア - Francesco Cilea (1866-1950)

**:**
歌劇「アドリアーナ・ルクブルール」 - 第2幕 間奏曲
10.

Adriana Lecouvreur, Act II: Intermezzo

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391644

エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ - Ermanno Wolf-Ferrari (1876-1948)

**:**
歌劇「マドンナの宝石」 - 間奏曲第2番
11.

I gioielli della Madonna: Intermezzo No. 2

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391645

イタロ・モンテメッツィ - Italo Montemezzi (1875-1952)

**:**
歌劇「三人の王の愛」 - 第3幕 前奏曲
12.

L'amore dei tre re, Act III: Prelude

録音: 10-15 February 2014, Graz Opera, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4391646
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/01
「ヴェリズモ」とは真実主義、もしくは現実主義と訳されるイタリア語で、19世紀末から20世紀初頭にかけてイタリアを中心に蔓延したリアリズム重視の文学を指します。これに影響を受けたオペラ作品が「ヴェリズモ・オペラ」であり、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」やレオンカヴァッロの「道化師」などが代表作品の筆頭に挙げられるでしょう。前述の通り、これらが大流行したのは後期ロマン派の時代であり、当然付けられた音楽もモーツァルトや、ドニゼッティなどに比べると、和声も破綻の一歩手前であったり、時には無調に近かったりと、より人間の叫びに近いものとなっているのが特徴です。このアルバムには、歌を含まない管弦楽で奏される部分だけが集められていますが、こうして改めて聞いてみると、まさに爛熟した音楽が並んでいることに気がつくのではないでしょうか。リアルな人間の生活にこれほどふさわしい音楽はないのかもしれません。
レビュアー: kunkun 投稿日:2015/10/16
19世紀末から20世紀にかけて書かれたヴェリズモ・オペラは、ロマンティックなメロディーに溢れ、十二音技法とほぼ同時代の音楽とはとても思えません。このアルバムは幕間の音楽を集めたものでドラマティックなものではありませんが、堅いこと言わずに聴くと心癒されるものがあります。また、CDジャケットの絵はマクシミリアン・ピルナーというチェコの画家の「ボートの恋人」という絵画だそうで、何とも言えない熱情的なものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。