ホーム > アルバム > 777979-2 コフレル:音楽/ソナチネ/40のポーランド民謡/シェルホーン:シュプール(ハイト/ゼブラ・トリオ/オーストリア現代音楽アンサンブル/カリツケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777979-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ユゼフ・コフレル Jozef Koffler , ヨハネス・シェールホルン Johannes Schöllhorn
アーティスト
オーストリア現代音楽アンサンブル Austrian Ensemble for Contemporary Music , ヨハネス・カリツケ Johannes Kalitzke , ゼブラ・トリオ Zebra Trio , マルティン・フォン・デア・ハイト Martin von der Heydt

コフレル:音楽/ソナチネ/40のポーランド民謡/シェルホーン:シュプール(ハイト/ゼブラ・トリオ/オーストリア現代音楽アンサンブル/カリツケ)

KOFFLER, J.: Piano Works / String Trio / SCHÖLLHORN, J.: Spur (Heydt, Zebra Trio, Austrian Ensemble for Contemporary Music, Kalitzke)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777979-2

全トラック選択/解除

ユゼフ・コフレル - Jozef Koffler (1896-1944)

**:**
弦楽三重奏曲 Op. 10

String Trio, Op. 10

録音: 21 October 2014, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5425268
**:**
»  I. Allegro molto moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante, molto cantabile
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto vivace
3.

-

 
**:**
音楽、ソナタのような Op. 8

Musique. Quasi una sonata, Op. 8

録音: 27-28 October 2014, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5431797
**:**
»  I. Andante
4.

-

**:**
»  II. Vivace con brio
5.

-

**:**
»  III. Allegretto, a la polonaise
6.

-

**:**
»  IV. Ben mosso
7.

-

**:**
»  V. Sostenuto molto
8.

-

 
**:**
ピア・ ソナチネ Op. 12

Sonatine, Op. 12

録音: 27-28 October 2014, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5431798
**:**
»  I. Allegro con spirito
9.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile molto legato
10.

-

**:**
»  III. Vivace
11.

-

 
**:**
40のポーランド民謡 Op. 6 (抜粋)

40 polskich pieśni ludowych (40 Polish Folksongs), Op. 6 (excerpts)

録音: 27-28 October 2014, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5431799
**:**
»  Wieją wiatry
12.

-

**:**
»  Którędy Jasiu?
13.

-

**:**
»  Porównaj Boże
14.

-

**:**
»  Oj, kołyszże się, kołysz
15.

-

**:**
»  Wśród nocnej ciszy
16.

-

**:**
»  Bóg się rodzi
17.

-

**:**
»  Lulajże Jezuniu
18.

-

**:**
»  Hey tam w polu
19.

-

**:**
»  Oj! idzie se Janiczek
20.

-

**:**
»  Koło mego ogródecka
21.

-

**:**
»  Albośmy to jacy tacy
22.

-

**:**
»  Hejze ino! fijołecku leśny!
23.

-

**:**
»  Czarna kura
24.

-

**:**
»  Poczekaj Hanka
25.

-

**:**
»  Rzucam chatę
26.

-

**:**
»  Przykazali mi matula
27.

-

**:**
»  Miała baba koguta
28.

-

 
**:**
ヨハン・シュトラウスのワルツによる変奏曲 Op. 23
29.

20 Variations sur une valse de Johann Strauss, Op. 23

録音: 27-28 October 2014, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5431800

ヨハネス・シェールホルン - Johannes Schöllhorn (1962-)

**:**
シュプール
30.

Spur

録音: 24 November 2007, Westdeutschen Rundfunks Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5431801
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/11/01
ポーランドで初めて十二音技法を取り入れた”とされる作曲家ユゼフ・コフレルのピアノ作品集。彼は当時オーストリア=ハンガリー二重帝国領で現在はウクライナ領であるストルィーに生まれ、1918年から1924年にウィーンで音楽を学びました。その後はまたウクライナのリヴォフに戻り音楽教師として活躍しましたが、ドイツ軍が侵攻した際、家族とともに囚われの身となり、恐らくホロコーストによって命を落としたと推測されています。そのため彼の作品も散逸してしまい、現在は戦前に出版された僅かな作品のみで、彼の業績を確認する以外ありません。十二音の技法を自由に用い、また独自に発展させた挑発的な作品です。アルバムの最後に収録されているシェルホルンの「Spur」(奨励という意味を持つ)はコフレルの作品の独創性にインスパイアされた作品で、そのままコフレルに捧げられています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。