ホーム > アルバム > 777982-2 カールマン:喜歌劇「バヤデール」(ダウム/トロスト/フォンドゥンク/ゲンツ/ケルン放送合唱団&管弦楽団/ボニング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777982-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
エメリッヒ・カールマン Emmerich Kálmán
作詞家
アルフレート・グリュンヴァルト Alfred Grünwald , ユリウス・ブランマー Julius Brammer
アーティスト
ケルン放送合唱団 Cologne Radio Chorus , ケルン放送管弦楽団 Cologne Radio Orchestra , シュテファン・ゲンツ Stephan Genz , クリスティアン・シュトゥルム Christian Sturm , ディルク・シュミッツ Dirk Schmitz , ハイケ・ズザンネ・ダウム Heike Susanne Daum , ミリェンコ・トゥルク Miljenko Turk , ライナー・トロスト Rainer Trost , ウルリッヒ・ヒールシャー Ulrich Hielscher , アンケ・フォンドゥンク Anke Vondung , リチャード・ボニング Richard Bonynge

カールマン:喜歌劇「バヤデール」(ダウム/トロスト/フォンドゥンク/ゲンツ/ケルン放送合唱団&管弦楽団/ボニング)

KÁLMÁN, E.: Bajadere (Die) [Operetta] (Daum, Trost, Vondung, Genz, Cologne Radio Chorus and Orchestra, Bonynge)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777982-2

全トラック選択/解除

Disc 1

エメリッヒ・カールマン - Emmerich Kálmán (1882-1953)

**:**
喜歌劇「バヤデール」

Die Bajadere

録音: 5-14 February 2014, Köln, WDR, Klaus-von-Bismarck-Saal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5426790
**:**
»  Act I: No. 1. Introduction: Reizend war der erste Akt (Féfé, Armand, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act I: No. 2. Duet: Treu zu sein (Marietta, Napoleon)
2.

-

**:**
»  Act I: No. 2. Musikalischer Auftritt - Melodram: Merci bien (Odette, Radjami, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I: No. 3. Ensemble und Lied: Dein will auf ewig ich sein (Odette, Radjami, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: No. 4. Ensemble und Entree Odette: Reizend war der zweite Akt (Odette, Pimprinette, Direktor, Dr. Cohen, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act I: No. 5 Duet: Lotosblume, ich liebe dich (Odette, Radjami)
6.

-

**:**
»  Act I: No. 6. Duet: Reizend ist's nach Müh' und Plag (Marietta, Napoleon)
7.

-

**:**
»  Act I: No. 7. Finale: Das wird' ich nicht! (Odette, Marietta, Radjami, Napoleon, Louis-Philipp, Parker, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act II: No. 8. Introduction, Tanz und Liedfoxtrott: Oh, Champagner, sperrst uns auf das Himmelreich (Marietta, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act II: No. 8a. Lied: Tanz mit mir (Marietta, Chorus)
10.

-

Disc 2

エメリッヒ・カールマン - Emmerich Kálmán (1882-1953)

**:**
喜歌劇「バヤデール」

Die Bajadere

録音: 5-14 February 2014, Köln, WDR, Klaus-von-Bismarck-Saal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5426790
**:**
»  Act II: No. 9. Musikalische Szene und Duett: Du, du, du sollst das Glück meiner Seele nun sein (Odette, Radjami)
1.

-

**:**
»  Act II: No. 10. Duet: Bogenlampen glitzern durch den Winternachmittag (Marietta, Napoleon)
2.

-

**:**
»  Act. II: No. 11. Terzett: Na, ist sie nicht ein süßer Schatz (Marietta, Napoleon, Louis-Philipp)
3.

-

**:**
»  Act II: No. 12. Duet: Weil wir oft lieben den Mann (Odette, Radjami)
4.

-

**:**
»  Act II: No. 13. Finale 2: Wie, der Prinz will wirklich sich heute noch vermählen (Odette, Radjami, Parker, Dewa Singh, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III: No. 14. Einleitung und Melodram: Die kleine Bar (Marietta, Napoleon, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act III: No. 15. Duet: Will man heutzutage schick und modern sein (Marietta, Louis-Philipp)
7.

-

**:**
»  Act III: No. 15. Musikalische Szene: Lotosblume, ich liebe dich (Radjami)
8.

-

**:**
»  Act III: No. 16. Lied: Als ich unlängst stand (Napoleon)
9.

-

**:**
»  Act III: No. 16. Reminiszenz: Na, ist sie nicht ein süsser Schatz (Marietta, Napoleon, Louis-Philipp)
10.

-

**:**
»  Act III: No. 17. Schlussgesang: Oh! Bajadere, komm, sei mein (Radjami)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/11/01
1921年12月23日にウィーンで初演されたカールマンのオペレッタ《バヤデール》。その数ヶ月後の1922年2月18日にはベルリンでも上演されるなど大成功を収めた演目です。バヤデールとは「インドの踊り子」の意味で作品全編には、カールマンの特色ともいえるハンガリーの民俗音楽と、ウィーンのワルツが見事に融合した独特の雰囲気に加え、いかにもインドを思わせるエキゾチックな響きも漂っています。内容は、歌姫オデットに片思いしたインドの王子ラジャミが、彼の友人ナポレオンと催眠術の助けを借りて、オデットの気を引くという物語。ナポレオンの恋人マリエッテとのエピソードも交えながら、最後はハッピーエンドで幕を閉じます。ライナー・トロストをはじめとした名歌手たちの軽妙な歌唱とともに、重鎮リチャード・ボニングが奏でる流麗な音楽も聴きものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。