ホーム > アルバム > 777999-2 ヴォルフ:受難オラトリオ「イエス、あなたの受難を私は思い出す」(ヘアフルトナー/ダイクハウゼン/ポプルッツ/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
777999-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
エルンスト・ヴィルヘルム・ヴォルフ Ernst Wilhelm Wolf
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ Michael Alexander Willens , ケルン・アカデミー合唱団 Kölner Akademie Choir , ケルン・アカデミー Kölner Akademie , マリアン・ダイクハウゼン Marian Dijkhuizen , ハンナ・ヘアフルトナー Hanna Herfurtner , ゲオルク・ポプルッツ Georg Poplutz , マウロ・ボルジョーニ Mauro Borgioni

ヴォルフ:受難オラトリオ「イエス、あなたの受難を私は思い出す」(ヘアフルトナー/ダイクハウゼン/ポプルッツ/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

WOLF, E.W.: Passionsoratorium, "Jesu, deine Passion will ich jetzt bedenken" [Oratorio] (Herfurtner, Dijkhuizen, Poplutz, Kölner Akademie, Willens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777999-2

全トラック選択/解除

エルンスト・ヴィルヘルム・ヴォルフ - Ernst Wilhelm Wolf (1735-1792)

**:**
受難オラトリオ「イエス、あなたの受難を私は思い出す」

Passionsoratorium, "Jesu, deine Passion will ich jetzt bedenken"

録音: 16-19 November 2017, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Koln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6551734
**:**
»  Choral: Jesu, deine Passion will ich jetzt bedenken
1.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: O, welch ein kläglich Bild
2.

-

**:**
»  Aria: Heiliger, auch ich bin Erde
3.

-

**:**
»  Choral: Mein Herz ist bereit, Gott, dass ich singe und lobe
4.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Verräter! Wie? Dir muss es doch gelingen
5.

-

**:**
»  Aria: Lieblich fließt die Zähre
6.

-

**:**
»  Choral: Wohl dem, dem die Übertretungen vergeben sind
7.

-

**:**
»  Choral: Ich falle dir, mein Gott, zu Füssen
8.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Er, dessen Allmachtsruf der Welten
9.

-

**:**
»  Choral: Er ist um unserer Missetat willen so verwundet
10.

-

**:**
»  Choral: Schreibe deine blut'gen Wunden mir
11.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Nun ist die feierliche Stunde des Opfers da
12.

-

**:**
»  Duet: Gott am Kreuze, lehre mich
13.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Es schweben Seraphim von fern
14.

-

**:**
»  Aria: Hört's, Christen, hört', dass das ist unser Glaube
15.

-

**:**
»  Choral: Meine Seele dürstet nach Gott
16.

-

**:**
»  Choral: O Freud, o Lust, o Leben
17.

-

**:**
»  Recitative accompagnato: Du schöner Morgenstern
18.

-

**:**
»  Chor: Versöhner, heil'ges Gottes Lamm
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/02/01
テューリンゲンで生まれ、幼い頃から音楽の才能を発揮したというヴォルフ。作曲家として認められてからはC.P.E.バッハと友情を結び、生涯称えあう仲になりました。音楽家としての名声は非常に高く、とりわけ、彼が後半生を過ごし宮廷楽長に登り詰めたヴァイマールでは「ヴァイマールのヴォルフ」と呼ばれ尊敬を集めました。現在では交響曲や器楽曲などが時折演奏されますが、声楽曲はあまり演奏される機会がなく、この世界初録音となるヴィレンズとケルン・アカデミーの“受難オラトリオ”は、とても貴重な1枚となります。ギャラント様式を踏襲した繊細な表現による、バロック期から古典派への橋渡しを担うにふさわしい端正で美しい受難曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。