ホーム > アルバム > 8.110072-73 プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」(ミラノ・スカラ座合唱団・管弦楽団)(1938)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110072-73
CD発売時期
2001年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲
作曲家
ドメニコ・スカルラッティ Domenico Scarlatti , フランチェスコ・チレア Francesco Cilea , ロドルフォ・ファルヴォ Rodolfo Falvo , ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini , アルトゥーロ・ブッツィ=ペッチャ Arturo Buzzi-Peccia , ヴィンチェンツォ・ベッリーニ Vincenzo Bellini
作詞家
ジュゼッペ・アダミ Giuseppe Adami , ルイジ・イリカ Luigi Illica , ドメニコ・オリヴァ Domenico Oliva , アルトゥーロ・コラウッティ Arturo Colautti , レナート・シモーニ Renato Simoni , ジュゼッペ・ジャコーサ Giuseppe Giacosa , エンツォ・フスコ Enzo Fusco
アーティスト
リチア・アルバネーゼ Licia Albanese , ディノ・オリヴィエーリ Dino Olivieri , ベニャミーノ・ジーリ Beniamino Gigli , ウンベルト・ベレットーニ Umberto Berrettoni , アフロ・ポーリ Afro Poli , ミラノ・スカラ座合唱団 Milan La Scala Chorus , ミラノ・スカラ座管弦楽団 Milan La Scala Orchestra , タティアナ・メノッティ Tatiana Menotti

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」(ミラノ・スカラ座合唱団・管弦楽団)(1938)

PUCCINI: Bohème (La) (La Scala) (1938)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110072-73

全トラック選択/解除

Disc 1

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」

La Bohème

録音: February 1938, La Scala, Milan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/26976
**:**
»  Questo Mar Rosso
1.

-

**:**
»  Pensier profondo !
2.

-

**:**
»  Legna!... Sigari!
3.

-

**:**
»  Si puo? ... Chi e la
4.

-

**:**
»  Lo resto per terminar ...
5.

-

**:**
»  Non sono in vena ... Scusi
6.

-

**:**
»  Oh! sventata, sventata!
7.

-

**:**
»  Che gelida manina
8.

-

**:**
»  Si. Mi chiamano Mimi
9.

-

**:**
»  Ehi! Rodolfo!
10.

-

**:**
»  O soave fanciulla
11.

-

**:**
»  Aranci, datteri!
12.

-

**:**
»  Chi guardi?
13.

-

**:**
»  Viva Parpignol!
14.

-

**:**
»  Domandatelo a me
15.

-

**:**
»  Quando me'n vo'soletta
16.

-

**:**
»  Chi I'ha richiesto ?
17.

-

**:**
»  Ohe, la, le guardie... Aprite!
18.

-

**:**
»  Sa dirmi, scusi, qual'e i osteria...
19.

-

**:**
»  Mini ?!... Speravo di trovarvi qui
20.

-

**:**
»  Marcello. Finalmente
21.

-

**:**
»  Mimi e una civetta
22.

-

**:**
»  Mini e tanto malata!
23.

-

**:**
»  Addio... Donde lieta usci al tuo grido
24.

-

**:**
»  Dunque e proprio finita
25.

-

Disc 2

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」

La Bohème

録音: February 1938, La Scala, Milan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/26976
**:**
»  In un coupe?
1.

-

**:**
»  O Mimi, tu più non torni
2.

-

**:**
»  Gavotta
3.

-

**:**
»  C' e Mimi...C'e Mimi
4.

-

**:**
»  Vecchia zimarra...
5.

-

**:**
»  Sono andati? Fingevo di dormire
6.

-

**:**
»  Dorme?... Riposa
7.

-

フランチェスコ・チレア - Francesco Cilea (1866-1950)

**:**
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 - 第1幕 私は創造の神の卑しい僕

Adriana Lecouvreur: Io son l'umile ancella

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27073
**:**
»  Adriana Lecouvreur: Io son I'umile ancella
8.

-

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「マノン・レスコー」 - 第2幕 あんなに柔らかな飾りの中で

Manon Lescaut, Act II: In quelle trine morbide

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27074
**:**
»  Manon Lescaut: In quele trine morbide
9.

-

 
**:**
歌劇「蝶々夫人」 - 第2幕 ある晴れた日に

Madama Butterfly, Act II: Un bel di, vedremo

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27075
**:**
»  Madama Butterfly: Un bel di vedremo
10.

-

 
**:**
歌劇「トゥーランドット」 - お聞きください、王子様
11.

Turandot: Signore, ascolta!

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27076
 
**:**
歌劇「トゥーランドット」 - 第3幕 氷のような姫君の心も

Turandot: Tu che di gel sei cinta (Morte di Liü)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27077
**:**
»  Turandot: Tu che di gel sei cinta (Morte di liu)
12.

-

ドメニコ・スカルラッティ - Domenico Scarlatti (1685-1757)

**:**
Tuo Mi Chiami
13.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27078

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ - Vincenzo Bellini (1801-1835)

**:**
Ninna-Nanna a Liana
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27079
 
**:**
ジロトンド
15.

Giro-Tondo

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27080

ロドルフォ・ファルヴォ - Rodolfo Falvo (1874-1936)

**:**
君に告げてよ
16.

Dicitencello Vuje

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27081

アルトゥーロ・ブッツィ=ペッチャ - Arturo Buzzi-Peccia (1854-1943)

**:**
Colombetta
17.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27082
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
第二次世界大戦前年の1938年にミラノで録音された全曲です。1918年の最初の全曲盤以来、早くも4つめの録音となるものですが、SP時代の録音ではこの曲のいちばんの名演として有名です。その特長の第1は、20世紀のリリック・テノールとして最高の歌手、ベニアミーノ・ジーリ(1890~1957)がロドルフォ役を歌っていること。甘く、しかも澄んだその歌声による演唱は、今もこの役の規範となるものです。ミミを歌うのはリチア・アルバネーゼ(1913~ )。フレーニ風の美声ではない、大きな歌いまわしとドラマ性で聴かせます。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。