ホーム > アルバム > 8.110142 ユッシ・ビョルリング/アンナ・リサ・ビョルリング:アリアと二重唱曲集(1949)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110142
CD発売時期
2001年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, スポークン・ドキュメンタリー, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
シャルル=フランソワ・グノー Charles-François Gounod , エンリケ・グラナドス Enrique Granados , na Not Applicable , ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini , ジュール・マスネ Jules Massenet , ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
ルイジ・イリカ Luigi Illica , ミシェル・カレ Michel Carré , ジュゼッペ・ジャコーサ Giuseppe Giacosa , フィリップ・ジル Philippe Gille , ジュール・バルビエ Jules Barbier , ジョヴァッキーノ・フォルツァーノ Giovacchino Forzano , アンリ・メイヤック Henri Meilhac
アーティスト
サンフランシスコ歌劇場管弦楽団 San Francisco Opera Orchestra , アンナ=リサ・ビョルリンク Anna-Lisa Bjorling , ユッシ・ビョルリング Jussi Björling , ガエターノ・メローラ Gaetano Merola

ユッシ・ビョルリング/アンナ・リサ・ビョルリング:アリアと二重唱曲集(1949)

BJORLING, Jussi / BJORLING, Anna-Lisa: Arias and Duets (1949)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110142

全トラック選択/解除

- na Not Applicable

**:**
Broadcast Introduction

  • - na Not Applicable (作曲家(クラシック))
録音: 23 October 1949, San Francisco Opera Orchestra
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118632
**:**
»  Introduction
1.

-

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「セミラーミデ」 - 序曲
2.

Semiramide: Overture

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23161

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 つめたい手を

La bohème, Act I: Che gelida manina

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23162
**:**
»  Broadcast Commentary
3.

-

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 つめたい手を
4.

La bohème, Act I: Che gelida manina

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23162
 
**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 私の名はミミ

La bohème, Act I: Si, mi chiamano Mimi

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23163
**:**
»  Broadcast Commentary
5.

-

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 私の名はミミ
6.

La bohème, Act I: Si, mi chiamano Mimi

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23163
 
**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 ああ、麗しの乙女

La bohème, Act I: O soave fanciulla

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23164
**:**
»  Broadcast Commentary
7.

-

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 ああ、麗しの乙女
8.

La bohème, Act I: O soave fanciulla

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23164

エンリケ・グラナドス - Enrique Granados (1867-1916)

**:**
ゴイェスカス 第1部 - 間奏曲

Goyescas: Intermezzo

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23165
**:**
»  Broadcast Commentary
9.

-

**:**
ゴイェスカス 第1部 - 間奏曲
10.

Goyescas: Intermezzo

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23165

シャルル=フランソワ・グノー - Charles-François Gounod (1818-1893)

**:**
歌劇「ロメオとジュリエット」 - 第1幕 私は夢に生きたい

Romeo et Juliette, Act I: Je veux vivre dans le reve

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23166
**:**
»  Broadcast Commentary
11.

-

**:**
歌劇「ロメオとジュリエット」 - 第1幕 私は夢に生きたい
12.

Romeo et Juliette, Act I: Je veux vivre dans le reve

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23166

ジュール・マスネ - Jules Massenet (1842-1912)

**:**
歌劇「マノン」 - 第3幕 ああ!消え去れ、優しい面影よ

Manon, Act III: Je suis seul... Ah! fuyez douce image

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23167
**:**
»  Broadcast Commentary
13.

-

**:**
歌劇「マノン」 - 第3幕 ああ!消え去れ、優しい面影よ
14.

Manon, Act III: Je suis seul... Ah! fuyez douce image

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23167

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「ジャンニ・スキッキ」 - わたしのお父さん

Gianni Schicchi: Oh mio babbino caro

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23168
**:**
»  Broadcast Commentary
15.

-

**:**
歌劇「ジャンニ・スキッキ」 - わたしのお父さん
16.

Gianni Schicchi: Oh mio babbino caro

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23168

シャルル=フランソワ・グノー - Charles-François Gounod (1818-1893)

**:**
Romeo et Juliette, Act IV: Introduction: Va! je t'ai pardonne... Nuit d'Hymenee

録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23169
**:**
»  Broadcast Commentary
17.

-

**:**
Romeo et Juliette, Act IV: Introduction: Va! je t'ai pardonne... Nuit d'Hymenee
18.
録音: 23 October 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23169
**:**
»  Broadcast Commentary
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
スウェーデンの名テノール、ユッシ・ビョルリンク(1911~1960)は故国ばかりでなく、ヨーロッパでも大活躍しましたが、とりわけ重要な活動場所としたのはアメリカでした。このCDはサンフランシスコ・オペラに客演した彼が、その本拠、戦争記念歌劇場で行なわれたラジオ・コンサート番組「スタンダード・アワー」に出演したさいの模様を、アナウンスまで含めて完全収録したものです。共演は妻のアンナ=リーザ・ビョルリンク(1910~ )で、彼と同じくストックホルム王室音楽院に学んだ彼女は、35年に結婚した後もたびたびジョイント・コンサートを行なっていました。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。