ホーム > アルバム > 8.110158 ブラームス:交響曲第2番、第4番(コンセルトヘボウ管/メンゲルベルク)(1941)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110158
CD発売時期
2001年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
コンセルトヘボウ管弦楽団 Concertgebouw Orchestra , ウィレム・メンゲルベルク Willem Mengelberg

ブラームス:交響曲第2番、第4番(コンセルトヘボウ管/メンゲルベルク)(1941)

BRAHMS: Symphonies Nos. 2 and 4 (Mengelberg) (1941)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110158

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
交響曲第2番 ニ長調 Op. 73

Symphony No. 2 in D Major, Op. 73

録音: 1941
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29142
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Adagio non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso
3.

-

**:**
»  IV. Allegro con spirito
4.

-

 
**:**
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98

Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

録音: 1941
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29143
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Andante moderato
6.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
7.

-

**:**
»  IV. Allegro energico e passionato
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オーケストラを、まるで独奏楽器のように自由自在に操り、曲の内奥に潜むロマンティシズムを具現化したメンゲルベルク。彼の功績によって、アムステルダム・コンセルトヘボウの管弦楽団は、そのホールの音響のすばらしさとあいまって、世界屈指のレベルを誇るに至ったのでした。ブラームスの交響曲中でもとりわけ叙情性に満ちた2・4番、その音色の豊潤さと巨大な構築性を両立させたこの演奏は、歴史上稀有なものといってよいでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。