ホーム > アルバム > 8.110173 コーツ:静かな潟(コーツ)(1926-1940)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110173
CD発売時期
2001年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エリック・コーツ Eric Coates
アーティスト
エリック・コーツ Eric Coates

コーツ:静かな潟(コーツ)(1926-1940)

COATES, E.: By the Sleepy Lagoon (Coates) (1926-1940)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110173

全トラック選択/解除

エリック・コーツ - Eric Coates (1886-1957)

**:**
静かな潟
1.

By The Sleepy Lagoon

録音: September, 1940
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27226
 
**:**
Summer Days - Suite

録音: August, 1926
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27227
**:**
»  In A Country Lane
2.

-

**:**
»  On The Edge Of The Lake
3.

-

**:**
»  At The Dance
4.

-

 
**:**
森の精 - 小ワルツ
5.

Wood Nymphs - Valsette

録音: August, 1926
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27228
 
**:**
組曲「結婚式の道化師」

The Jester at the Wedding

録音: April, 1934
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27229
**:**
»  March
6.

-

**:**
»  Valse
7.

-

 
**:**
Symphonic Rhapsody on 'I Pitch My Lonely Caravan'

録音: March, 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27230
**:**
»  Symphpnic Rhapsody on "I Pitch My Lonely Caravan"
8.

-

 
**:**
Symphonic Rhapsody on 'I Heard You Singing' and 'Bird Songs at Eventide'

録音: March, 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27231
**:**
»  Sympnonic Rhapsody on "I Heard You Singing" and "Bird Songs At Eventide"
9.

-

 
**:**
組曲「ロンドン」 - 日常のロンドン

London Suite

録音: March, 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27232
**:**
»  Tarantelle "Covent Garden"
10.

-

**:**
»  Meditation "Westminster"
11.

-

**:**
»  March "Knightsbridge"
12.

-

 
**:**
Summer Afternoon - Idyll
13.
録音: May, 1934
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27233
 
**:**
Cinderella - A Phantasy
14.
録音: February, 1935
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27234
 
**:**
組曲「ロンドン」 - 第3曲 ナイツブリッジ行進曲
15.

London Suite (London Everyday): III. Knightsbridge: March

録音: May, 1934
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27235
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
エリック・コーツ(1886~1957)は、イギリスの軽音楽、セミ・クラシック界の巨匠です。ヴィオラ奏者としての経歴も長く、1912年から19年にかけては、ロンドンのクイーンズ・ホール管弦楽団の首席ヴィオラ奏者を務めてもいました。並行して小品の作曲と指揮を開始、人気作曲家となりました。30年作曲の《静かな潟》(スリーピー・ラグーン)はその代表作ですし、33年作曲のロンドン組曲もまた高い人気を博しました。後者の第3曲《ナイト・ブリッジ》は、イギリスで最も頻繁に演奏される行進曲の一つとなっているほどです。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。