ホーム > アルバム > 8.110175 サリヴァン:喜歌劇「戦艦ピナフォア」(1948)(グリーン/ランズ/オズボーン/ニュー・プロムナード管/ゴッドフリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110175
CD発売時期
2001年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan
作詞家
ウィリアム・シュベンク・ギルバート W.S. Gilbert
アーティスト
リチャード・ウォーカー Richard Walker , レナード・オズボーン Leonard Osborn , ジョアン・ギリングハム Joan Gillingham , マーティン・グリーン Martyn Green , イジドール・ゴッドフリー Isidore Godfrey , ドイリー・カート・オペラ・コーラス D'Oyly Carte Opera Chorus , ドイリー・カート・オペラ管弦楽団 D'Oyly Carte Opera Orchestra , ニュー・プロムナード管弦楽団 New Promenade Orchestra , ムリエル・ハーディング Muriel Harding , エラ・ハルマン Ella Halman , ダレル・ファンコート Darrell Fancourt , フリン・R. フリン Radley Flynn , レスリー・ランズ Leslie Rands

サリヴァン:喜歌劇「戦艦ピナフォア」(1948)(グリーン/ランズ/オズボーン/ニュー・プロムナード管/ゴッドフリー)

SULLIVAN: H.M.S. Pinafore (D'Oyly Carte) (1948)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110175

全トラック選択/解除

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
喜歌劇「戦艦ピナフォア」

H.M.S. Pinafore

録音: 1948, Kingsway Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29008
**:**
»  Act I: Overture
1.

-

**:**
»  Act I: We sail the ocean blue (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Hail, Men-O'-Wars men - I'm called Little Buttercup (Buttercup)
3.

-

**:**
»  Act I: But tell me - The nightingale sighed for the moon's bright ray (Buttercup, Ralph, Crew)
4.

-

**:**
»  Act I: A maiden fair to see (Ralph)
5.

-

**:**
»  Act I: My gallant crew, good morning - I am the captain of the Pinafore (Captain, Crew)
6.

-

**:**
»  Act I: Sir, you are sad (Buttercup, Captain)
7.

-

**:**
»  Act I: Sorry her lot who loves too well (Josephine)
8.

-

**:**
»  Act I: Over the bright sea - Sir Joseph's barge is seen (Chorus)
9.

-

**:**
»  Act I: Gaily Tripping (Sir Joseph's female relatives)
10.

-

**:**
»  Act I: Now give three cheers - I am the monarch of the sea (Sir Joseph, Relatives)
11.

-

**:**
»  Act I: When I was a lad (Sir Joseph, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act I: For I hold that on the seas (Sir Joseph, Hebe, Chorus)
13.

-

**:**
»  Act I: A British Tar (Ralph, Boatswain, Carpenter's mate, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act I: Refrain, audacious tar (Josepine, Ralph)
15.

-

**:**
»  Act I: Finale (Company)
16.

-

**:**
»  Act II: Interlude (Captain)
17.

-

**:**
»  Act II: Fair moon, to thee I sing (Captain)
18.

-

**:**
»  Act II: Things are seldom what they seem (Buttercup, Captain)
19.

-

**:**
»  Act II: The hours creep on apace (Josephine)
20.

-

**:**
»  Act II: A simple sailor lowly born (Josephine)
21.

-

**:**
»  Act II: Never mind the why and wherefore (Sir Joseph, Captain, Josephine)
22.

-

**:**
»  Act II: Kind captain, I've important information (Dick Deadeye, Captain)
23.

-

**:**
»  Act II: Carefully on tiptoe stealing (Ensemble)
24.

-

**:**
»  Act II: Pretty daughter of mine - He is an Englishman (Captain, Crew, Ralph)
25.

-

**:**
»  Act II: Farewell my own (Ralph, Josephine, Sir Joseph, Boatswain, Dick Deadeye, Hebe, Buttercup, Boatswain's mate)
26.

-

**:**
»  Act II: My pain and my distress - A many years ago (Sir Joseph, Buttercup)
27.

-

**:**
»  Act II: Oh joy, oh rapture unforeseen - Finale (Josephine, Hebe, Ralph, Dick Deadeye, Company)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
19世紀後半、興行師リチャード・ドイリー・カートは、ロンドンのサヴォイ劇場を本拠に、作詞家ギルバートと作曲家サリヴァンのコンビによるオペレッタを次々と上演、大当たりをとりました。1878年に初演された《軍艦ピナフォア》はこのコンビによる傑作群の最初期のひとつです。リチャードの死後もかれの名を冠した歌劇団は、このコンビの作品の著作権を1950年代まで独占、その後も上演を続けています。かれらによる《軍艦ピナフォア》はこの48年録音ですでに3回目となっていました。なお原題の「H.M.S.」とは、イギリスの軍艦につけられるものです。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。