ホーム > アルバム > 8.110185 メンデルスゾーン/シューマン:三重奏曲集 1 (ティボー/カザルス/コルトー)(1927-1928)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110185
CD発売時期
2002年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
アーティスト
パブロ・カザルス Pablo Casals , アルフレッド・コルトー Alfred Cortot , ジャック・ティボー Jacques Thibaud

メンデルスゾーン/シューマン:三重奏曲集 1 (ティボー/カザルス/コルトー)(1927-1928)

MENDELSSOHN / SCHUMANN: Trios (Thibaud / Casals / Cortot) (1927-1928)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110185

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op. 49

Trio in D Minor, Op. 49

録音: 20-21June 1927, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32222
**:**
»  I. Molto allegro ed agitato
1.

-

**:**
»  II. Andante con moto tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Scherzo - Leggiero e vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale - Allegro assai appassionato
4.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op. 63

Trio in D Minor, Op. 63

録音: 15-18 November and 3 December, 1928, Queen's Small Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32223
**:**
»  I. Allegro appassionato
5.

-

**:**
»  II. Allegro ma non troppo
6.

-

**:**
»  III. Andante espressivo
7.

-

**:**
»  IV. Con fuoco
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
トリオとして名をはせた3人組は多く存在すれども、各々が才人であっても独奏者の競演的集まりであったり、メンバー一人では独奏者足りえないが、三人集まれば文殊の知恵的グループであったり、その性格はまちまちでした。このCDの3人組は各人独奏者としても一流であり、同時に「調和」を最大の理念として掲げたという点で、近代のトリオ史上きわめてユニークかつ偉大な存在でした。知的なコルトー、情緒のティボー、そして使徒カザルス。フランコ=スペイン流派の最上の音楽性を具現化したといって過言ではないトリオの金字塔たる一枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。