ホーム > アルバム > 8.110196-97 サリヴァン:喜歌劇「ペンザンスの海賊」/「陪審裁判」(1949)(グリーン/ファンコート/ハリス/ニュー・プロムナード管/ゴッドフリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110196-97
CD発売時期
2002年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan
作詞家
ウィリアム・シュベンク・ギルバート W.S. Gilbert
アーティスト
レナード・オズボーン Leonard Osborn , ジョアン・ギリングハム Joan Gillingham , マーティン・グリーン Martyn Green , イジドール・ゴッドフリー Isidore Godfrey , ドイリー・カート・オペラ・コーラス D'Oyly Carte Opera Chorus , ニュー・プロムナード管弦楽団 New Promenade Orchestra , ムリエル・ハーディング Muriel Harding , ドナルド・ハリス Donald Harris , エラ・ハルマン Ella Halman , ダレル・ファンコート Darrell Fancourt , ジョイス・ライト Joyce Wright , フリン・R. フリン Radley Flynn , レスリー・ランズ Leslie Rands , リチャード・ワトソン Richard Watson

サリヴァン:喜歌劇「ペンザンスの海賊」/「陪審裁判」(1949)(グリーン/ファンコート/ハリス/ニュー・プロムナード管/ゴッドフリー)

SULLIVAN: Pirates of Penzance / Trial by Jury (D'Oyly Carte) (1949)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110196-97

全トラック選択/解除

Disc 1

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
喜歌劇「ペンザンスの海賊」

The Pirates of Penzance

録音: 29 July and 24 August, 1949, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31551
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Pour, oh pour the pirate sherry (Pirates, Samuel)
2.

-

**:**
»  Act I: When Frederic was a little lad (Ruth)
3.

-

**:**
»  Act I: Oh, better far th live and die (Pirate King, Pirates)
4.

-

**:**
»  Act I: Oh, false one, your have deceived me (Frederic, Ruth)
5.

-

**:**
»  Act I: What shall I do? (Frederic) - Climbing over rocky mountain (Ladies, Edith, Kate)
6.

-

**:**
»  Act I: Stop, ladies, pray! (Frederic, Ladies)
7.

-

**:**
»  Act I: Oh, is there not one maiden breast (Frederic, Ladies)
8.

-

**:**
»  Act I: Poor wand'ring one (Mabel, Ladies)
9.

-

**:**
»  Act I: What ought we to do (Edith, Kate) - How beautifully blue th sky (Ladies, Mabel, Frederic)
10.

-

**:**
»  Act I: Stay, we must not lose our senses (Frederic, Ladies)
11.

-

**:**
»  Act I: Here's a first rate opportunity (Pirates, Ladies)
12.

-

**:**
»  Act I: Hold, monsters (Mabel, Samuel, Ladies, Major-General)
13.

-

**:**
»  Act I: I am the very model of a modern Major-General (Major-General)
14.

-

**:**
»  Act I: Oh, men of dark and dismal fate (Major-General)
15.

-

**:**
»  Act I: I'm telling a terrible story; Act I finale (Major-General, Ladies, Pirates)
16.

-

Disc 2

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
喜歌劇「ペンザンスの海賊」

The Pirates of Penzance

録音: 29 July and 24 August, 1949, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31551
**:**
»  Act II: O dry the glistening tear (Chorus, Mabel)
1.

-

**:**
»  Act II: Then Frederic, let your escort (Major-General)
2.

-

**:**
»  Act II: When foreman bares his steel (Sergeant of Police, Mabel)
3.

-

**:**
»  Act II: Now for the Pirates' lair (Frederic, Ruth, Pirate King)
4.

-

**:**
»  Act II: When you had left your pirate fold (Ruth, Pirate King, Frederic)
5.

-

**:**
»  Act II: Away, away! My heart's on fire (Pirate King, Ruth, Frederic)
6.

-

**:**
»  Act II: All is prepared (Mabel, Frederic)
7.

-

**:**
»  Act II: Stay, Frederic, star! (Mabel, Frederic)
8.

-

**:**
»  Act II: Ah! Leave me not to pine (Mabel, Frederic)
9.

-

**:**
»  Act II: In 1940 I of age shall be (Frederic, Mabel)
10.

-

**:**
»  Act II: No, I'll be brave (Mabel)
11.

-

**:**
»  Act II: Though in body and in mind (Sergeant)
12.

-

**:**
»  Act II: When a felon's not engaged (Sergeant, Police)
13.

-

**:**
»  Act II: A rollicking band of pirates we (Pirates, Police, Sergeant)
14.

-

**:**
»  Act II: With cat-like tread (Pirates, Police, Samuel)
15.

-

**:**
»  Act II: Hush, hush, not a word (Frederic, Pirates, Major-General)
16.

-

**:**
»  Act II: Sighing sofily to the river (Major-General)
17.

-

**:**
»  Act II: Now what is this - Finale (Ladies, Pirate King, Pirates, Major-General, Police, Sergeant, Frederic, Ruth)
18.

-

 
**:**
喜歌劇「陪審員裁判」

Trial By Jury

録音: 19 and 21 Jyly, 1949, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/826711
**:**
»  Hark the hour of ten is sounding (Chorus)
19.

-

**:**
»  Now jurymen, hear my advice (Usher)
20.

-

**:**
»  Is this the court of the exchequer (Defendant)
21.

-

**:**
»  When first my old, old love I knew (Defendant)
22.

-

**:**
»  Oh, I was like that (Jurymen)
23.

-

**:**
»  All hail great judge (Chorus)
24.

-

**:**
»  For these kind words (Judge)
25.

-

**:**
»  When I, good friends (Judge)
26.

-

**:**
»  Swear thou, the jury! (Counsel, Usher)
27.

-

**:**
»  Comes the broken flower (Chorus of bridesmaids)
28.

-

**:**
»  O'er the season vernal (Plaintiff)
29.

-

**:**
»  Oh never never never (Judge)
30.

-

**:**
»  May if please you, my lud (Counsel for plaintiff)
31.

-

**:**
»  That she is reeling (Judge)
32.

-

**:**
»  Oh gentlemen, listen, I pray (Defendant)
33.

-

**:**
»  But I submit, m'lud (Counsel)
34.

-

**:**
»  A nice dilemma we have here (Judge, Counsel, Defendant, Plaintiff)
35.

-

**:**
»  I love him - I smoke like a furnace (Plaintiff, Defendant)
36.

-

**:**
»  The question, gentlemen (Judge)
37.

-

**:**
»  Oh joy unbounded (Plaintiff, Counsel, Defendant, Judge, All)
38.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
19世紀後半のヨーロッパ各国の大都市では、市民消費社会の勃興と歩調をあわせて「都市の顔」というべきオペレッタ作曲家たちが出現しました。パリにはオッフェンバック、ウィーンにはシュトラウス二世。そしてロンドンに活躍したのが、作曲家サリヴァンと作詞家ギルバートの名コンビです。彼らの作品は興行師リチャード・ドイリー・カートの歌劇団によって長年上演され、「サヴォイ・オペラ」と呼ばれて愛されてきました。このCDは、SPからLPに移る転換期にイギリス・デッカが録音した「サヴォイ・オペラ」シリーズからの覆刻です。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。