ホーム > アルバム > 8.110214-15 オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」(パリ・オペラ=コミック座管弦楽団、同合唱団)(1948)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110214-15
CD発売時期
2002年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ジャック・オッフェンバック Jacques Offenbach
作詞家
ジュール・バルビエ Jules Barbier
アーティスト
アンドレ・クリュイタンス André Cluytens , ラウル・ジョバン Raoul Jobin , ルネ・ドリア Renee Doria , パリ・オペラ・コミック座合唱団 Paris Opera-Comique Chorus , パリ・オペラ・コミック座管弦楽団 Paris Opera-Comique Orchestra , ヴィーナ・ボヴィ Vina Bovy , Fanely Revoil

オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」(パリ・オペラ=コミック座管弦楽団、同合唱団)(1948)

OFFENBACH: Tales of Hoffmann (The) (Opera-Comique) (1948)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110214-15

全トラック選択/解除

Disc 1

ジャック・オッフェンバック - Jacques Offenbach (1819-1880)

**:**
The Tales of Hoffmann

録音: 11-26 March, 1948, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/33906
**:**
»  Prologue: Prelude
1.

-

**:**
»  Prologue: Introduction: Glou, Glou, Glou
2.

-

**:**
»  Prologue: Le Conseiller Lindorf, morbleu...
3.

-

**:**
»  Prologue: Deux heures devant moi
4.

-

**:**
»  Prologue: Drig, drig, drig, maitre Luther
5.

-

**:**
»  Prologue: Vive Dieu, mes amis, la belle creature
6.

-

**:**
»  Prologue: The legend of Klienzach: Il etait une fois a la cour d'Eisenach
7.

-

**:**
»  Prologue: Peuh! Cette biere est detestable
8.

-

**:**
»  Act I: La! dors en paix
9.

-

**:**
»  Act I: Allons! Courage et confiance...Ah! vivre deux n'avoir...
10.

-

**:**
»  Act I: Par Dieu!... Une poupee aux yeux d'email
11.

-

**:**
»  Act I: C'est moi, Coppelius...
12.

-

**:**
»  Act I: Dis-tu vrais?
13.

-

**:**
»  Act I: Non aucun hote vraiment non
14.

-

**:**
»  Act I: The Doll's Song: Les oiseaux dans la charmille
15.

-

**:**
»  Act I: Ah! mon ami! quel accent!
16.

-

**:**
»  Act I: Ils se sont eloignes enfin!
17.

-

**:**
»  Act I: Tu me fuis?
18.

-

**:**
»  Act I: Voici les valseurs!
19.

-

Disc 2

ジャック・オッフェンバック - Jacques Offenbach (1819-1880)

**:**
The Tales of Hoffmann

録音: 11-26 March, 1948, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/33906
**:**
»  Act II: Entr'acte [Barcarolle]: Belle nuit, o nuit d'amour
1.

-

**:**
»  Act II: Et moi ce n'est ne fete!
2.

-

**:**
»  Act II: Scintille diamant
3.

-

**:**
»  Act II: Cher ange!
4.

-

**:**
»  Act II: Vous me quittez?
5.

-

**:**
»  Act II: Schlemil!...J'en etais sur
6.

-

**:**
»  Act II: Helas! mon coeur s'egare encore!
7.

-

**:**
»  Act II: Ecoutez, messieurs!
8.

-

**:**
»  Act III: Entr'acte and Romance: Elle a fui, la tourterelle
9.

-

**:**
»  Act III: Malheureuse enfant...fille bien aimee
10.

-

**:**
»  Act III: Jour et nuit je me mets en quatre
11.

-

**:**
»  Act III: Franz! c'est ici
12.

-

**:**
»  Act III: C'est une chanson d'amour
13.

-

**:**
»  Act III: Qu as-tu donc?
14.

-

**:**
»  Act III: Pour conjurer le danger
15.

-

**:**
»  Act III: Ne plus chanter
16.

-

**:**
»  Act III: Tu ne chanteras plus?...Chere enfant!
17.

-

**:**
»  Act III: Mon enfant! Ma fille!
18.

-

**:**
»  Epilogue: Intermezzo
19.

-

**:**
»  Epilogue: Voila quelle fut l'histoire de mes amours
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ベルギー出身でパリを拠点に活躍した指揮者、アンドレ・クリュイタンス(1905-67)。EMIにたくさんの録音を残した彼は、《ホフマン物語》も新旧2種の録音を行なっています。1964年にパリ音楽院管弦楽団と録音したステレオ盤が日本では有名ですが、ゲッダ、シュヴァルツコップ、ロス・アンへレスなど、非フランスの歌手を起用したインターナショナルな演奏でした。その16年前にオペラ・コミーク座のアンサンブルと録音したこのSP原盤では、当時のオペラ・コミーク座やオペラ座など、実際にパリで活躍していた歌手たちの演唱が魅力的です。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。