ホーム > アルバム > 8.110219-20 ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」(セレクション)(1935-1942)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110219-20
CD発売時期
2003年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲, 室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin
作詞家
アイラ・ガーシュウィン Ira Gershwin , デュポーズ・ヘイワード DuBose Heyward
編曲者
ヤッシャ・ハイフェッツ Jascha Heifetz , ロバート・ラッセル・ベネット Robert Russell Bennett
アーティスト
ヘレン・イェプソン Helen Jepson , アルフレッド・ウォーレンスタイン Alfred Wallenstein , クリフォード・グリーンウッド Clifford Greenwood , ナサニエル・シルクレット Nathaniel Shilkret , アレクサンドル・スマレンス Alexander Smallens , ヘレン・ダウディ Helen Dowdy , トッド・ダンカン Todd Duncan , ローレンス・ティベット Lawrence Tibbett , デッカ交響楽団 Decca Symphony Orchestra , ヤッシャ・ハイフェッツ Jascha Heifetz , アン・ブラウン Anne Brown , エマヌエル・ベイ Emmanuel Bay , エドワード・マシューズ Edward Matthews , レオ・レイズマン管弦楽団 Leo Reisman Orchestra , ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団 Los Angeles Philharmonic Orchestra , ポール・ロブソン Paul Robeson , エイヴォン・ロング Avon Long , Eva Jessye Choir

ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」(セレクション)(1935-1942)

GERSHWIN: Porgy and Bess (Original Cast Recordings) (1935-1942)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110219-20

全トラック選択/解除

Disc 1

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
ポーギーとべス

Porgy and Bess

録音: 1940-1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36220
**:**
»  Act I: Scene 1: Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Summertime
2.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Summertime and Crap Game
3.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: A Woman is a Sometime Thing
4.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: My Man's Gone Now
5.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: It Takes a Long Pull to Get There
6.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: I Got Plenty O' Nuttin'
7.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: Buzzard Song
8.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: Bess, You is My Woman Now
9.

-

**:**
»  Act II: Scene 2: It Ain't Necessarily So
10.

-

**:**
»  Act II: Scene 2: What You Want Wid' Bess
11.

-

**:**
»  Act II: Scene 3: Street Cries: Strawberry Woman's Call / Crab man's Call
12.

-

**:**
»  Act II: Scene 3: I Loves You, Porgy
13.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: The Requiem
14.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
15.

-

**:**
»  Act III: Scene 3: Porgy's lament (Where is My Bess?)
16.

-

**:**
»  Act III: Scene 3: Finale (I'm On My Way)
17.

-

 
**:**
なんでもそうとは限らない
18.

It Ain't Necessarily So

録音: 15 March 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36221
 
**:**
女は一時の慰みものさ
19.

A Woman is a Sometime Thing

録音: 15 March 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36222
 
**:**
Summertime
20.
録音: 15 March 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36226
 
**:**
There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
21.
録音: 15 March 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36223
 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - 第2幕 ああ、俺にはないものばかり
22.

I Got Plenty O' Nuttin'

録音: 10 April 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36224
 
**:**
Bess, You is My Woman
23.
録音: 10 April 1942
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36225
 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - 第2幕 ああ、俺にはないものばかり
24.

I Got Plenty O' Nuttin'

録音: 13 November 1935
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36227
 
**:**
なんでもそうとは限らない
25.

It Ain't Necessarily So

録音: 13 November 1935
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36228

Disc 2

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
Lullaby: Summertime / Livin's Easy
1.
録音: 23 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36229
 
**:**
Summertime and Crap Game
2.
録音: 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36231
 
**:**
女は一時の慰みものさ
3.

A Woman is a Sometime Thing

録音: 14 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36232
 
**:**
My Man's Gone Now
4.
録音: 30 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36230
 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - 第2幕 ああ、俺にはないものばかり
5.

I Got Plenty O' Nuttin'

録音: 23 October 1923, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36233
 
**:**
Buzzard Song
6.
録音: 23 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36234
 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - 第2幕 ベス、お前は俺のもの
7.

Bess, You is My Woman Now

録音: 14 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36266
 
**:**
なんでもそうとは限らない
8.

It Ain't Necessarily So

録音: 23 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36235
 
**:**
Where is My Bess?
9.
録音: 23 October 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36236
 
**:**
Lullaby: Summertime / Livin's Easy
10.
録音: 14 January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36237
 
**:**
女は一時の慰みものさ
11.

A Woman is a Sometime Thing

録音: 21 January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36238
 
**:**
It Takes a Long Pull to Get There
12.
録音: 14 January 1938
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36239
 
**:**
なんでもそうとは限らない
13.

It Ain't Necessarily So

録音: 21 January 1938
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36240
 
**:**
Summertime
14.
録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36241
 
**:**
女は一時の慰みものさ(編曲:J. ハイフェッツ)

A Woman is a Sometime Thing (arr. Heifetz)

録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36242
**:**
»  A Woman is a Sometime Thing
15.

-

 
**:**
My Man's Gone Now (arr. Heifetz)

録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36243
**:**
»  My Man's Gone Now
16.

-

 
**:**
なんでもそうとは限らない(編曲:J. ハイフェッツ)

It Ain't Necessarily So (arr. Heifetz)

録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36244
**:**
»  It Ain't Necessarily So
17.

-

 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - 第2幕 ベス、お前は俺のもの

Bess, You is My Woman Now (arr. Heifetz)

録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36245
**:**
»  Bess, You is My Woman Now
18.

-

 
**:**
Tempo di Blues: There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York (arr. Heifetz)

録音: 28 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36246
**:**
»  Tempo di Blues: There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
19.

-

 
**:**
歌劇「ポーギーとベス」 - シンフォニック・ピクチャーズ(編曲:R.R. ベネット)

Porgy and Bess: A Symphonic Picture (arr. Robert Russell Bennett)

録音: 9 August 1944, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/36247
**:**
»  Porgy and Bess: A Symphonic Picture
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ジョージ・ガーシュウィン(1898-1937)はいうまでもなく、ヨーロッパ伝来のクラシック音楽とアメリカの大衆音楽のかけ橋として活躍した作曲家ですが、その唯一のオペラとなったのが35年初演の《ポーギーとベス》です。このCDには、ポーギー役のトッド・ダンカン(1903-98)などその初演に参加した歌手たち、41年から42年にかけての再演に参加した歌手たちによるさまざまな録音のほか、作曲者が監修したビクター・レーベルの抜粋盤、ハイフェッツによる編曲、そして有名なベネット編曲の組曲版など、初演間もない時代の録音が集められています。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。