ホーム > アルバム > 8.110233 サリヴァン:喜歌劇「乳しぼり女ペーシェンス」(ドイリー・カート・オペラ管/ゴッドフリー)(1951)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110233
CD発売時期
2003年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan
作詞家
ウィリアム・シュベンク・ギルバート W.S. Gilbert
アーティスト
レナード・オズボーン Leonard Osborn , マーティン・グリーン Martyn Green , ネヴィル・グリフィス Neville Griffiths , イジドール・ゴッドフリー Isidore Godfrey , アラン・スタイラー Alan Styler , イヴォンヌ・ディーン Yvonne Dean , ドイリー・カート・オペラ・コーラス D'Oyly Carte Opera Chorus , ドイリー・カート・オペラ管弦楽団 D'Oyly Carte Opera Orchestra , アン・ドラモンド=グラント Ann Drummond-Grant , ムリエル・ハーディング Muriel Harding , エラ・ハルマン Ella Halman , ダレル・ファンコート Darrell Fancourt , ピーター・プラット Peter Pratt , マーガレット・ミッチェル Margaret Mitchell

サリヴァン:喜歌劇「乳しぼり女ペーシェンス」(ドイリー・カート・オペラ管/ゴッドフリー)(1951)

SULLIVAN: Patience (D'Oyly Carte) (1951)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110233

全トラック選択/解除

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
喜歌劇「乳しぼり女ペーシェンス」

Patience

録音: 1951, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39597
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Twenty love-sick maidens we (Chorus, Lady Angela, Lady Ella)
2.

-

**:**
»  Act I: Still brooding (Patience, Lady Saphir, Lady Angela)
3.

-

**:**
»  Act I: I cannot tell what this love may be (Patience, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: The soldiers of our queen (Chorus of Dragoons)
5.

-

**:**
»  Act I: If you want a receipt (Colonel Calverly, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I: In a doleful train (Chorus of Ladies, Chorus of Dragoons, Lady Angela, Bunthorne, Lady Saphir)
7.

-

**:**
»  Act I: When I first put this uniform on (Colonel Calverly, Chorus of Dragoons)
8.

-

**:**
»  Act I: Am I alone? If you're anxious for to shine (Bunthorne)
9.

-

**:**
»  Act I: Long years ago (Patience, Lady Angela, Ensemble)
10.

-

**:**
»  Act I: Prithee, pretty maiden (Patience, Grosvenor)
11.

-

**:**
»  Act I: Finale (Chorus, Lt Duke, Colonel Calverly, Bunthorne, Lady Jane, Patience, Ensemble)
12.

-

**:**
»  Act II: Sad is that woman's lot - Silvered is the raven hair (Lady Jane)
13.

-

**:**
»  Act II: Turn, oh turn in this direction (Chorus of Maidens)
14.

-

**:**
»  Act II: A magnet hung in a hardware shop (Grosvenor, Chorus)
15.

-

**:**
»  Act II: Love is a plaintive song (Patience)
16.

-

**:**
»  Act II: So go to him and say to him (Bunthorne, Lady Jane)
17.

-

**:**
»  Act II: It's clear that medieval art (Lt. Duke, Colonel Calverly, Major Murgatroyd)
18.

-

**:**
»  Act II: If Saphir I choose to marry (Lt. Duke, Colonel Calverly, Major Murgatroyd, Lady Angela, Lady Saphir)
19.

-

**:**
»  Act II: When I go out of doors (Bunthorune, Grosvenor)
20.

-

**:**
»  Act II: I'm Waterloo House young man (Grosvenor, Girls)
21.

-

**:**
»  Act II: Finale (Lt. Duke, Bunthorne, Ensemble)
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
脚本家ギルバートと作曲家サリヴァンの名コンビを起用して喜歌劇《軍艦ピナフォア》と《ペンザンスの海賊》の大ヒットを生んだ興行師ドイリー・カートは、1881年にロンドンのストランドにサヴォイ劇場を建て、ここを新たな活動の本拠地としました。世界で最初の全館電気照明による、豪華な劇場でした。ギルバート&サリヴァンの喜歌劇を「サヴォイ・オペラ」と通称するのは、この劇場の名前に由来します。《ペーシェンス》はこの劇場のこけら落しに上演されたもので、当時イギリスで流行していた審美主義への風刺をこめた作品です。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。