ホーム > アルバム > 8.110256-57 プッチーニ:歌劇「トスカ」(カラス/ディ・ステーファノ)(1953)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110256-57
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini
作詞家
ルイジ・イリカ Luigi Illica , ジュゼッペ・ジャコーサ Giuseppe Giacosa
アーティスト
ダリオ・カゼッリ Dario Caselli , マリア・カラス Maria Callas , フランコ・カラブレーゼ Franco Calabrese , ティート・ゴッビ Tito Gobbi , アルヴァロ・コルドヴァ Alvaro Cordova , ヴィクトル・デ・サバタ Victor De Sabata , ジュゼッペ・ディ・ステファノ Giuseppe Di Stefano , ミラノ・スカラ座合唱団 Milan La Scala Chorus , ミラノ・スカラ座管弦楽団 Milan La Scala Orchestra , アンジェロ・メルクリアーリ Angelo Mercuriali , メルキオーレ・ルイゼ Melchiorre Luise

プッチーニ:歌劇「トスカ」(カラス/ディ・ステーファノ)(1953)

PUCCINI: Tosca (Callas, di Stefano) (1953)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110256-57

全トラック選択/解除

Disc 1

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「トスカ」

Tosca

録音: 10-14, 16, 18-21 August 1953, Teatro alla Scala, Milan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41800
**:**
»  Act I: Ah! Finalmente! (Angelotti)
1.

-

**:**
»  Act I: E sempre lava! (Sacristan, Cavaradossi)
2.

-

**:**
»  Act I: Sante ampolle! Il suo ritratto! (Sacristan, Cavaradossi)
3.

-

**:**
»  Act I: Dammi i colori ... Recondita armonia (Sacristan, Cavaradossi)
4.

-

**:**
»  Act I: Gente la dentro! (Cavaradossi, Angelotti, Tosca)
5.

-

**:**
»  Act I: Mario! Mario! ... Son qui! (Tosca, Cavaradossi)
6.

-

**:**
»  Act I: Ora stammi a sentir (Tosca, Cavaradossi)
7.

-

**:**
»  Act I: Or lasciami al lavoro (Tosca, Cavaradossi)
8.

-

**:**
»  Act I: Ah, quegli occhi ... Quale occhio al mondo (Tosca, Cavaradossi)
9.

-

**:**
»  Act I: Mia gelosa! (Tosca, Cavaradossi)
10.

-

**:**
»  Act I: E' buona la mia Tosca (Cavaradossi, Angelotti)
11.

-

**:**
»  Act I: Sommo giubilo, Eccellenza! (Sacristan, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act I: Un tal baccano in chiesa! (Scarpia, Sacristan, Spoletta)
13.

-

**:**
»  Act I: Tosca? Che non mi veda (Scarpia, Tosca, Sacristan)
14.

-

**:**
»  Act I: Ed io venivo a lui tutta dogliosa (Tosca, Scarpia)
15.

-

**:**
»  Act I: Tre sbirri, una carrozza (Scarpia, Spoletta, Chorus)
16.

-

Disc 2

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「トスカ」

Tosca

録音: 10-14, 16, 18-21 August 1953, Teatro alla Scala, Milan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41800
**:**
»  Act II: Tosca e un buon falco! (Scarpia, Sciarrone)
1.

-

**:**
»  Act II: Ha più forte sapore (Scarpia, Sciarrone)
2.

-

**:**
»  Act II: O galantuomo, come ando la caccia? (Scarpia, Spoletta)
3.

-

**:**
»  Act II: Meno male! (Scarpia, Chorus, Spoletta, Cavaradossi, Tosca)
4.

-

**:**
»  Act II: Ov'e Angelotti? (Scarpia, Cavaradossi, Spoletta, Tosca)
5.

-

**:**
»  Act II: Ed or fra noi parliam da buoni amici (Scarpia, Tosca)
6.

-

**:**
»  Act II: Sciarrone, che dice il Cavalier? (Scarpia, Tosca, Cavaradossi, Spoleta, Sciarrone)
7.

-

**:**
»  Act II: Orsu, Tosca, parlate (Scarpia, Tosca, Cavaradossi, Spoleta, Sciarrone)
8.

-

**:**
»  Act II: Floria! ... Amore (Cavaradossi, Tosca, Scarpia, Sciarrone)
9.

-

**:**
»  Act II: Vittoria! Vittoria! (Cavaradossi, Tosca, Scarpia, Sciarrone)
10.

-

**:**
»  Act II: Salvatelo! ... Io? ... Voi! (Tosca, Scarpia)
11.

-

**:**
»  Act II: Se la giurata fede debbo tradir ... Gia mi struggea l'amor (Tosca, Scarpia)
12.

-

**:**
»  Act II: Come tu mi odi! (Tosca, Scarpia)
13.

-

**:**
»  Act II: Vissi d'arte (Tosca)
14.

-

**:**
»  Act II: Vedi, le man giunte io stendo a te! (Tosca / Scarpia / Spoletta)
15.

-

**:**
»  Act II: Io tenni la promessa
16.

-

**:**
»  Act II: Tosca, finalmente mia! (Scarpia / Tosca)
17.

-

**:**
»  Act II: E morto! Or gli perdono! (Tosca)
18.

-

**:**
»  Act III: Io de' sospiri (Shepherd)
19.

-

**:**
»  Act III: Lento (Church bells toll for matins)
20.

-

**:**
»  Act III: Mario Cavaradossi? A voi ... (Gaoler / Cavaradossi)
21.

-

**:**
»  Act III: E lucevan le stelle (Cavaradossi)
22.

-

**:**
»  Act III: Ah! Franchigia a Floria Tosca (Cavaradossi / Tosca)
23.

-

**:**
»  Act III: O dolci mani mansuete e pure (Cavaradossi)
24.

-

**:**
»  Act III: Senti, l'ora e vicina
25.

-

**:**
»  Act III: Amaro sol per te m'era il morire (Tosca / Cavaradossi)
26.

-

**:**
»  Act III: E non giungono (Tosca / Cavaradossi / Gaoler)
27.

-

**:**
»  Act III: Come e lunga l'attesa! (Tosca)
28.

-

**:**
»  Act III: Presto! Su, Mario! (Tosca / Spoletta / Sciarrone / Soldiers)
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
EMIが1953年に製作した《トスカ》の商業録音は、ヒロイン役のマリア・カラス(1923-77)をはじめとする3人の主役たち、そして指揮者とオーケストラの理想的な顔合わせが実現した決定盤として知られています。モノラル録音ですが、その価値は半世紀をへた現在でもまったく減じていません。しかし残念なことに、マスターとなる磁気テープは次第に劣化するため、音質については以前のままといかないのです。そこでこのCDは、初期に発売された鮮度の優れたLPを音源として、初発売当時の新鮮で生々しい響きを再現しようとするものです。(山崎浩太郎)マーク・オバート=ソーンによる制作後記 この古典的名演が、これまで制作されたオペラ全曲盤の中で最も優れたスタジオ録音であることはほぼ間違いありません。過去半世紀に渡ってカタログから消えたことは一度もなく、様々なメディアに形を変えて幾度も再発売されています。しかし、マリア・カラス研究者ロバート・E・セレツキー博士が指摘しているように、これまでリリースされてきたソフトには、EMI最新の「グレート・レコーディング・オブ・ザ・センチュリー」(※注 その後、さらに別規格での再発あり)シリーズ中のCDも含めて、マスターテープと編集作業に起因する問題点が残されています。 オリジナルのLPレコードには、盤面ごと、また同じ盤の中でさえもピッチの不一致がありました。編集ミスもあり、唐突に目立って現われる音量のばらつきもあります。EMIの三種類のCD復刻盤では、こうした問題のいくつかが、あるエディションでは訂正されていても次のエディションでは元に戻っていたり、また、別の新たな編集上の問題が混入したりしています。(例えば、最初の「カラス・エディション」盤CDでは、第一幕でトスカが「マリオ!マリオ!マリオ!」と歌う部分で音質が変化しています)最新のGROC復刻では、こうした問題点を、著しくピッチの平準化をすることでかえって悪化させています。比較的短いオペラであるのに一分半近くも演奏時間が伸びてしまい、聴き手がテンポと歌手の音色を感じ取る際にも(悪)影響を及ぼします。 今回のNAXOS盤復刻のために、私は10セット以上の「トスカ」LP盤を組み合わせ、8週間の大部分を復刻作業、試聴、比較に費やし、私が満足する結果が出るまで、何度もプロジェクトをやり直しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。