ホーム > アルバム > 8.110258 レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」(ビョルリング/アンヘレス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110258
CD発売時期
2004年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ルッジェーロ・レオンカヴァルロ Ruggero Leoncavallo
作詞家
フレデリック・エドワード・ウェザリー Frederick Edward Weatherly , ルッジェーロ・レオンカヴァルロ Ruggero Leoncavallo
アーティスト
RCAビクター管弦楽団 RCA Victor Orchestra , ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス Victoria de los Angeles , レナード・ウォーレン Leonard Warren , コロンブス少年合唱団 Columbus Boychoir , ジョージ・チェハノフスキー George Cehanovsky , レナート・チェリーニ Renato Cellini , ユッシ・ビョルリング Jussi Björling , パウル・フランケ Paul Franke , ロバート・メリル Robert Merrill , リチャード・ライト Richard Wright , ロバート・ショウ合唱団 Robert Shaw Chorale

レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」(ビョルリング/アンヘレス)

LEONCAVALLO: Pagliacci (Bjorling / Angeles) (1953)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110258

全トラック選択/解除

ルッジェーロ・レオンカヴァルロ - Ruggero Leoncavallo (1857-1919)

**:**
歌劇「道化師」

Pagliacci

録音: 10-11, 15, 19 and 29 January, 1953, Manhattan Center, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42500
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Act I: Eh!...Son qua! Son qua!
2.

-

**:**
»  Act I: Un grande spettacolo a ventitre ore (Canio, Chorus, Tonio, Villagers, Beppe)
3.

-

**:**
»  Act I: Un tal gioco, credetemi (Canio, Nedda, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: I zampognari! I zampognari! (Boys, Men, Old People, Women, Canio)
5.

-

**:**
»  Act I: Don, Din, Don, Din (Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I: Qual fiamma ovea nel guardo
7.

-

**:**
»  Act I: Stridono lassu, liberamente (Nedda)
8.

-

**:**
»  Act I: Sei la! Credea che te ne fossi andato
9.

-

**:**
»  Act I: So ben che difforme contorto son io (Nedda, Tonio)
10.

-

**:**
»  Act I: Nedda!...Silvio! A quest'ora che imprudenza! (Nedda, Silvio)
11.

-

**:**
»  Act I: E fra quest'ansie in eterno vivrai (Silvio, Nedda)
12.

-

**:**
»  Act I: Non mi tentar! (Nedda, Silvio, Tonio)
13.

-

**:**
»  Act I: E allor perche, di', tu m'hai stregato (Silvio, Nedda)
14.

-

**:**
»  Act I: Cammina adagio e li sorprenderai (Tonio, Silvio, Nedda, Canio, Beppe)
15.

-

**:**
»  Act I: Recitar! Mentre preso dal delirio
16.

-

**:**
»  Act I: Vesti la giubba (Canio)
17.

-

**:**
»  Intermezzo
18.

-

**:**
»  Act II: Ohe! Ohe! Presto (Chorus, Tonio)
19.

-

**:**
»  La Commedia: Paliaccio, mio marito (Nedda)
20.

-

**:**
»  La Commedia: Ah! Columbina, il tenero (Beppe, Nedda)
21.

-

**:**
»  La Commedia: E dessa! Dei, come e bella! (Tonio, Chorus, Nedda, Beppe)
22.

-

**:**
»  La Commedia: Arlecchin!...Colombina! (Nedda, Beppe, Tonio, Canio)
23.

-

**:**
»  La Commedia: Un uomo era con te (Canio, Nedda, Chorus, Tonio)
24.

-

**:**
»  La Commedia: No, Pagliaccio non son (Canio, Chorus, Silvio, Nedda)
25.

-

**:**
»  La Commedia: No, per mia madre! Indegna esser poss'io (Nedda, Beppe, Tonio, Canio, Silvio, Chorus)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
RCAビクター・レコードが1953年にセッション録音した全曲LPを、名手オバート=ソーンが覆刻したものです。この録音の魅力は、当時ニューヨークのメトロポリタン歌劇場を湧かせたスター歌手が顔をそろえていることです。スウェーデンのユッシ・ビョルリンク(1911-60)、スペインのビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(1923年生まれ)、アメリカのレナード・ウォーレン(1911-60)とロバート・メリル(1917年生まれ)、4人の主役たちにはイタリア系がひとりもいませんが、それぞれの個性豊かな美声を聴けば、そんなことは忘れてしまうでしょう。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。