ホーム > アルバム > 8.110261 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(ミラノフ/ビョルリング/RCAビクター管/チェリーニ)(1953)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110261
CD発売時期
2004年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ピエトロ・マスカーニ Pietro Mascagni
作詞家
ジョヴァンニ・タルジョーニ=トッツェッティ Giovanni Targioni-Tozzetti , グイド・メナスチ Guido Menasci
アーティスト
RCAビクター管弦楽団 RCA Victor Orchestra , レナート・チェリーニ Renato Cellini , ユッシ・ビョルリング Jussi Björling , ジンカ・ミラノフ Zinka Milanov , ロバート・メリル Robert Merrill , マーガレット・ロッジェーロ Margaret Roggero , ロバート・ショウ合唱団 Robert Shaw Chorale , Carol Brice

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(ミラノフ/ビョルリング/RCAビクター管/チェリーニ)(1953)

MASCAGNI: Cavalleria Rusticana (Milanov, Bjorling) (1953)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110261

全トラック選択/解除

ピエトロ・マスカーニ - Pietro Mascagni (1863-1945)

**:**
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

Cavalleria Rusticana

録音: January - March 1953, Manhattan Center, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/47155
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  O Lola (Turiddu)
2.

-

**:**
»  Gli aranci olezzano (Women, Men)
3.

-

**:**
»  Dite, mamma Lucia (Santuzza, Lucia)
4.

-

**:**
»  Il cavallo scalpita (Alfio, Chorus, Lucia, Santuzza)
5.

-

**:**
»  Regina Coeli, laetare (Chorus, Santuzza)
6.

-

**:**
»  Perche m'hai fatto... Voi lo sapete (Lucia, Santuzza)
7.

-

**:**
»  Tu qui, Santuzza? (Turiddu, Santuzza)
8.

-

**:**
»  Fior di giaggiolo (Lola, Turiddu, Santuzza)
9.

-

**:**
»  Ah! lo vedi... No, no Turiddu (Turiddu, Santuzza)
10.

-

**:**
»  Oh! il Signore vi manda (Santuzza, Alfio)
11.

-

**:**
»  Intermezzo
12.

-

**:**
»  A casa, a casa (Men, Women, Turiddu, Lola)
13.

-

**:**
»  Intanto amici, qua (Turiddu, Lola, Chorus)
14.

-

**:**
»  A voi tutti salute! (Alfio, Chorus, Turiddu, Lola, Women)
15.

-

**:**
»  Mamma, mamma! Quel vino e generoso (Turiddu, Lucia, Santuzza, A Woman)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
テバルディ、カラスといった屈指の若手ソプラノが台頭してきた1950年代以降、いわゆる「ソプラノ激戦の時代」に、ミラノフは若手たちの追従を許さず、ドラマティック・ソプラノの女王として君臨し続けました。トスカニーニの指揮するヴェルディのレクィエムで独唱者として記憶されている向きもあるでしょう。決してヒステリックにならない充実感のある声は、アイーダ、レオノーラ、トスカ、そしてサントゥッツアといった役で最高の魅力を発揮しました。共演のビョルリンクはリリック・テナーの第一者。両者はその声の対比の効果という点でも大変相性がよく、しばしば共演しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。