ホーム > アルバム > 8.110295 サリヴァン:喜歌劇「ラディゴアー、または魔女の呪」(1950)(ドイリー・カート・オペラ管/ゴッドフリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110295
CD発売時期
2004年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan
作詞家
ウィリアム・シュベンク・ギルバート W.S. Gilbert
アーティスト
レナード・オズボーン Leonard Osborn , マーティン・グリーン Martyn Green , イジドール・ゴッドフリー Isidore Godfrey , ディアドラ・サーロウ Deirdre Thurlow , ドイリー・カート・オペラ・コーラス D'Oyly Carte Opera Chorus , ドイリー・カート・オペラ管弦楽団 D'Oyly Carte Opera Orchestra , アン・ドラモンド=グラント Ann Drummond-Grant , エラ・ハルマン Ella Halman , ダレル・ファンコート Darrell Fancourt , マーガレット・ミッチェル Margaret Mitchell , フリン・R. フリン Radley Flynn , リチャード・ワトソン Richard Watson

サリヴァン:喜歌劇「ラディゴアー、または魔女の呪」(1950)(ドイリー・カート・オペラ管/ゴッドフリー)

SULLIVAN: Ruddigore (D'Oyly Carte) (1950)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110295

全トラック選択/解除

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
喜歌劇「ラディゴア」

Ruddigore

録音: 21 July and 24 August 1950, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/48238
**:**
»  Overture (composed by Geoffrey Toye)
1.

-

**:**
»  Act I: Fair is Rose as bright May day (Chorus, Zorah)
2.

-

**:**
»  Act I: Sir Rupert Murgatroyd (Dame Hannah, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I: If somebody there chanced to be (Rose)
4.

-

**:**
»  Act I: I know a youth who loves a little maid (Robin, Rose)
5.

-

**:**
»  Act I: From the briny sea - Ballad: I shipped d'ye see (Chorus, Richard)
6.

-

**:**
»  Act I: Hornpipe (Orchestra)
7.

-

**:**
»  Act I: My boy, you may take it from me (Robin)
8.

-

**:**
»  Act I: If well his suit has sped (Chorus)
9.

-

**:**
»  Act I: In sailing o'er life's ocean wide - My heart says (Chorus, Richard, Robin, Rose, Ensemble)
10.

-

**:**
»  Act I: Cheerily carols the lark - To a garden full of posies (Margaret)
11.

-

**:**
»  Act I: Welcome, gentry, for your entry (Chorus)
12.

-

**:**
»  Act I: Oh why am I moody and sad? (Sir Despard)
13.

-

**:**
»  Act I: You understand? I think I do (Sir Despard, Richard)
14.

-

**:**
»  Act I: Hail the bride of seventeen Summers (Chorus)
15.

-

**:**
»  Act I: When the bands are blossoming (Rose, Hannah, Ensemble)
16.

-

**:**
»  Act I: Gavotte (Orchestra)
17.

-

**:**
»  Act I: Hold, bride and bridegroom - Finale (Sir Despard, Robin, Richard, Rose, Margaret, Hannah, Adam, Zorah, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act II: I once was meek as a new-born lamb (Sir Ruthven, Adam)
19.

-

**:**
»  Act II: Happily coupled are we (Richard, Chorus)
20.

-

**:**
»  Act II: In bygone days I had thy love (Rose, Sir Ruthven, Richard, Chorus)
21.

-

**:**
»  Act II: Painted emblems of a race (Sir Ruthven, Ghosts)
22.

-

**:**
»  Act II: When the night wind howls (Sir Roderick)
23.

-

**:**
»  Act II: He yields! He answers to our call (Chorus, Sir Ruthven)
24.

-

**:**
»  Act II: I once was a very abandoned person (Despard, Margaret)
25.

-

**:**
»  Act II: My eyes are fully open (Sir Ruthven, Despard, Margaret)
26.

-

**:**
»  Act II: There grew a little flower (Hannah, Sir Ruthven)
27.

-

**:**
»  Act II: Finale (The Company)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
日本人に最も馴染みのある「ミカド」が世に出てから2年後、ギルバート&サリヴァンは、「魔女の呪によって日に一度罪を犯さなければ死ぬ」というラディゴアー城に住まう准男爵を中心に織り成す、怪奇オペレッタを作りました。ギルバートはこのオペレッタを、「英国衛氏」「ユートピア国株式会社」とならびもっとも気に入った作品と考えていました。「罪を犯すべき存在」たる人間の象徴であるかのような准男爵が、その補償のために罪以上の善行をせっせと施し、一方で「善良」であるはずの周囲の人々は、あだな恋に身をやつすあたりは、軽妙な音楽に反して、強烈な風刺として聴衆に映ることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。