ホーム > アルバム > 8.110305 ボッケリーニ/ハイドン/エルガー:チェロ協奏曲集(カザルス/ロンドン響/ロナルド/BBC響/ボールト)(1938,1945)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110305
CD発売時期
2005年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , マックス・ブルッフ Max Bruch , ルイジ・ボッケリーニ Luigi Boccherini
編曲者
フリードリヒ・グルツマッヒャー Friedrich Grützmacher
アーティスト
BBC交響楽団 BBC Symphony Orchestra , パブロ・カザルス Pablo Casals , エイドリアン・ボールト Adrian Boult , ランドン・ロナルド Landon Ronald , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ボッケリーニ/ハイドン/エルガー:チェロ協奏曲集(カザルス/ロンドン響/ロナルド/BBC響/ボールト)(1938,1945)

BOCCHERINI / HAYDN / ELGAR: Cello Concertos (Casals) (1938, 1945)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110305

全トラック選択/解除

ルイジ・ボッケリーニ - Luigi Boccherini (1743-1805)

**:**
チェロ協奏曲第9番 変ロ長調 G. 482

Cello Concerto in B-Flat Major, G. 482 (arr. F. Grutzmacher)

録音: 2 May 1938
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/95252
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob.VIIb:2 - 第1楽章 アレグロ・モデラート - 第2楽章 アダージョ

Cello Concerto No. 2 in D Major, Hob.VIIb:2: I. Allegro moderato - II. Adagio

録音: 15 October 1945
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2633869
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
チェロ協奏曲 ホ短調 Op. 85

Cello Concerto in E Minor, Op. 85

録音: 14 October 1945
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2633870
**:**
»  I. Adagio - Moderato
6.

-

**:**
»  II. Lento - Allegro molto
7.

-

**:**
»  III. Adagio
8.

-

**:**
»  IV. Allegro - Moderato - Allegro ma non troppo
9.

-

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
コル・ニドライ Op. 47
10.

Kol Nidrei, Op. 47

録音: 27 November 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2633871
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
チェロという楽器の特性を前面に出し、その技巧と旋律美の融合を図り、華麗なる独奏者として立たせたのは、おそらくボッケリーニが最初でしょう。近年この9番のオリジナル版も演奏されるようになりましたが、グリュッツマッハーの優れた編曲がこの作品を流布する助けになったのは否めません。カザルスは技巧を惜しみなく披露しながら、持ち前の旋律線を浮き上がらせる力量を持って、この録音を名盤として残しました。ハイドンの協奏曲は第3楽章が欠落していますが、SP盤では発売されなかったテイクです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。