ホーム > アルバム > 8.110316 ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」/ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 (プリムローズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110316
CD発売時期
2005年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton , アンリ・カサドシュ Henri Casadesus , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
RCAビクター管弦楽団 RCA Victor Orchestra , フリーダー・ヴァイスマン Frieder Weissmann , ウィリアム・ウォルトン William Walton , セルゲイ・クーセヴィツキー Sergey Koussevitzky , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , ウィリアム・プリムローズ William Primrose , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra

ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」/ウォルトン:ヴィオラ協奏曲 (プリムローズ)

BERLIOZ: Harold in Italy / WALTON: Viola Concerto (1946) (Primrose)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110316

全トラック選択/解除

アンリ・カサドシュ - Henri Casadesus (1879-1947)

**:**
ヴィオラ協奏曲 ロ短調 ヘンデル風

Viola Concerto in B Minor in the Style of Handel

録音: 8 May 1946
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90256
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
ヴィオラ協奏曲

Viola Concerto in A Minor

録音: 22-23 July 1946
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90257
**:**
»  I. Andante comodo
4.

-

**:**
»  II. Vivo, con molto preciso
5.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
6.

-

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
イタリアのハロルド Op. 16

Harold in Italy, Op. 16

録音: 28 November 1944
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/90258
**:**
»  Harold in the mountains: Scene of melancholy, happiness and joy
7.

-

**:**
»  March of the pilgrims singing their evening prayer
8.

-

**:**
»  Serenade of an Abruzzi mountaineer to his beloved
9.

-

**:**
»  Orgy of the brigands; Reminders of the preceding scenes
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オーケストラの弦楽器でやや控えめな存在であったヴィオラを、「内声の補佐役」から旋律を奏でる楽器へと引き上げた先駆者に、ライオネル・ターティスがいます。さらに前進させ、立派な独奏楽器としてのポジションを確立させた功績は、プリムローズによるところが大きいでしょう。ハイフェッツ、ピアテゴルスキーとのトリオにおけるアンサンブルの力量もさることながら、男性的で朗々とした音質~ことにC線の美しさと、卓越した技巧をもって歌い上げる演奏は、ヴィオラを輝ける存在へと高めたのでした。擬古バロック様式における堅牢性も魅力ですが、「イタリアのハロルド」における天かける自在度と英雄性は、ヴィオラ演奏史上の金字塔ともいえるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。