ホーム > アルバム > 8.110602 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番, 第4番, パガニーニの主題による狂詩曲 (ラフマニノフ自作自演)(1939-1941)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110602
CD発売時期
1999年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ユージン・オーマンディ Eugene Ormandy , レオポルド・ストコフスキー Leopold Stokowski , フィラデルフィア管弦楽団 Philadelphia Orchestra , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番, 第4番, パガニーニの主題による狂詩曲 (ラフマニノフ自作自演)(1939-1941)

RACHMANINOV: Piano Concertos Nos. 1 and 4 (Rachmaninov) (1939-1941)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110602

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 Op. 1

Piano Concerto No. 1 in F-Sharp Minor, Op. 1

録音: 4 December 1939 and 24 February 1940, Academy of Music, Philadelphia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17141
**:**
»  I. Vivace
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro Vivace
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第4番 ト短調 Op. 40

Piano Concerto No. 4 in G Minor, Op. 40

録音: 20 December 1941, Academy of Music, Philadelphia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17142
**:**
»  I. Allegro Vivace
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Allegro Vivace
6.

-

 
**:**
パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43

Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43

録音: 24 December 1934, RCA Victor Church Studio No. 2, Camden, New Jersey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17143
**:**
»  Introduction: Allegro vivace and Variations I (Precedente)
7.

-

**:**
»  Tema: L'istesso
8.

-

**:**
»  Variation II: L'istesso tempo
9.

-

**:**
»  Variation III: L'istesso tempo
10.

-

**:**
»  Variation IV: Più vivo
11.

-

**:**
»  Variation V: Tempo precedente
12.

-

**:**
»  Variation VI: L'istesso tempo
13.

-

**:**
»  Variation VII: Meno mosso, a tempo moderato
14.

-

**:**
»  Variation VIII: Tempo I
15.

-

**:**
»  Variation IX: L'istesso tempo
16.

-

**:**
»  Variation X: Poco marcato
17.

-

**:**
»  Variation XI: Moderato
18.

-

**:**
»  Variation XII: Tempo di minuetto
19.

-

**:**
»  Variation XIII: Allegro
20.

-

**:**
»  Variation XIV: L'istesso tempo
21.

-

**:**
»  Variation XV: Pio vivo scherzando
22.

-

**:**
»  Variation XVI: Allegretto
23.

-

**:**
»  Variation XVII: [Allegretto]
24.

-

**:**
»  Variation XVIII: Andante cantabile
25.

-

**:**
»  Variation XIX: A tempo vivace
26.

-

**:**
»  Variation XX: Un poco più vivo
27.

-

**:**
»  Variation XXI: Un poco più vivo
28.

-

**:**
»  Variation XXII: Un poco più vivo (Alla breve)
29.

-

**:**
»  Variation XXIII: L'istesso tempo
30.

-

**:**
»  Variation XXIV: A tempo un poco meno mosso
31.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
演奏と作曲、指揮などの音楽活動を同時に行った19世紀の型の音楽家としては、ラフマニノフは最後の存在でした。ピアノ曲、室内楽、交響曲、オペラと多岐に渡る作品の中、やはり自身が素晴らしいピアニストであったことからも、協奏曲は卓越したピアニズムと秀逸のオーケストレイションの絡み合いが絶妙で、ロマン派協奏曲の金字塔として燦然と輝いています。モスクワ音楽院時代、若干17歳のときに書かれ、その後改訂されたロシアの薫風あふれる第1番、現代的な響きを垣間見せる第4番、そして琴線振るわせる抒情に満ちた第18変奏が有名なパガニーニの主題による狂詩曲。ラフマニノフの協奏曲の完結盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。