ホーム > アルバム > 8.110613 サン=サーンス/ラヴェル:ピアノ協奏曲集(コルトー/ロナルド/ミュンシュ)(1931, 1939)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110613
CD発売時期
2000年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , セザール・フランク César Franck , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
アルフレッド・コルトー Alfred Cortot , パリ音楽院管弦楽団 Paris Conservatoire Orchestra , シャルル・ミュンシュ Charles Munch , ランドン・ロナルド Landon Ronald , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

サン=サーンス/ラヴェル:ピアノ協奏曲集(コルトー/ロナルド/ミュンシュ)(1931, 1939)

SAINT-SAENS / RAVEL: Piano Concertos (Cortot) (1931, 1939)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110613

全トラック選択/解除

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
交響的変奏曲 M. 46

Symphonic Variations

録音: 13 October 1934, EMI Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23989
**:**
»  Symphonie Variations
1.

-

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 Op. 44

Piano Concerto No. 4 in C Minor, Op. 44

録音: 9 July 1935, EMI Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23990
**:**
»  Allegro moderato - Andante
2.

-

**:**
»  Allegro vivace - Andante - Allegro
3.

-

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
左手のためのピアノ協奏曲

Piano Concerto for the Left Hand

録音: 12 May 1939, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23991
**:**
»  Lento - Più lento - Andante
4.

-

**:**
»  Allegro -
5.

-

**:**
»  Lento - Cadenza - Allegro
6.

-

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
ワルツ形式のエチュード
7.

Etude in the form of a Waltz

録音: May 1931, Small Queen's Hall, Studio C, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23992
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 俵孝太郎 投稿日:2009/06/05
前3曲は1934、35、39年、いずれも唯一のSP録音。コルトーは1952年のただ一度の来日の際、サン・サーンスを上田仁指揮の東響の定期で弾いた。ワルツ形式による練習曲はアコースティック録音もあるが、ここでは31年の電気再録音。彼の得意のアンコール・ピースだった。古参のリスナーには、これらのコルトー盤は、それぞれの曲の原体験をして耳の奥に刷り込まれている。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
フランスのピアニスト、アルフレッド・コルトー(1877~1962)が、自国フランスの協奏作品を演奏した録音を集めたCDです。1930年代、コルトーが60歳前後の円熟期の録音ですが、なかでもサン=サーンスとフランクの録音は、当時はその規範となるべきものと見なされたものです。コルトーのピアノの師は、フランクの交響的変奏曲の初演者ディエメでした。かれは師の遺風を継いでこの作品を愛奏、2回録音しており、このCDはその2回目の録音です。サン=サーンスとラヴェルでは名指揮者、ミュンシュとの共演を聴けます。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。