ホーム > アルバム > 8.110676 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番、第2番/パガニーニの主題による狂詩曲 (モイセイヴィッチ)(1937-1948)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110676
CD発売時期
2001年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ベイシル・キャメロン Basil Cameron , ヴァルター・ゲール Walter Goehr , マルコム・サージェント Malcolm Sargent , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , ベンノ・モイセイヴィチ Benno Moiseiwitsch , リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 Liverpool Philharmonic Orchestra , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番、第2番/パガニーニの主題による狂詩曲 (モイセイヴィッチ)(1937-1948)

RACHMANINOV: Piano Concertos Nos. 1 and 2 (Moiseiwitsch, Vol. 4) (1937-1948)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110676

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 Op. 1

Piano Concerto No. 1 in F-Sharp Minor, Op. 1

録音: 23 December 1948, Studio 1, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29608
**:**
»  I. Vivace
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18

Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18

録音: 24 November and 13 December 1937, Studio 1, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29609
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
5.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
6.

-

 
**:**
パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43

Rhapsody on a Theme of Paganini

録音: 5 December 1938, Studio 1, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29610
**:**
»  Introduction: Allegro vivace
7.

-

**:**
»  Variation I: Precedente
8.

-

**:**
»  Tema: L'istesso tempo
9.

-

**:**
»  Variation II: L'istesso tempo
10.

-

**:**
»  Variation III: L'istesso tempo
11.

-

**:**
»  Variation IV: Più vivo
12.

-

**:**
»  Variation V: Tempo precedente
13.

-

**:**
»  Variation VI: L'istesso tempo
14.

-

**:**
»  Variation VII: Meno mosso, a tempo moderato
15.

-

**:**
»  Variation VIII: Tempo I
16.

-

**:**
»  Variation IX: L'istesso tempo
17.

-

**:**
»  Variation X: Poco marcato
18.

-

**:**
»  Variation XI: Moderato
19.

-

**:**
»  Variation XII: Tempo di minuetto
20.

-

**:**
»  Variation XIII: Allegro
21.

-

**:**
»  Variation XIV: L'istesso tempo
22.

-

**:**
»  Variation XV: Più vivo scherzando
23.

-

**:**
»  Variation XVI: Allegretto
24.

-

**:**
»  Variation XVII: [Allegretto]
25.

-

**:**
»  Variation XVIII: Andante cantabile
26.

-

**:**
»  Variation XIX: A tempo vivace
27.

-

**:**
»  Variation XX: Un poco più vivo
28.

-

**:**
»  Variation XXI: Un poco più vivo
29.

-

**:**
»  Variation XXII: Un poco più vivo (Alla breve)
30.

-

**:**
»  Variation XXIII: L'istesso tempo
31.

-

**:**
»  Variation XXIV: A tempo un poco meno mosso
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ラフマニノフはホロヴィッツを自身の精神的後継者と見なしていましたが、演奏そのものは、モイセイヴィッチのほうをより好んでいたようです。その理由として考えられ、また常にモイセイヴィッチのスタイルとして指摘される優美さ、過剰な感情表出の回避、その一方にある作品に対する大きなアプローチが、これら協奏曲に結実していることを聴き取る事は容易でしょう。このCDに収められているのは、ファン待望の旧録の復刻です。あまりに有名な「パガニーニ狂詩曲」の第18変奏の甘美さについては、もはや言を尽くすまでもないでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。