ホーム > アルバム > 8.110724 エンリコ・カルーソー:全集 7 (1912 - 1913)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110724
CD発売時期
2002年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi , ペルキヴァル・ベネディクト・カーン Percival Benedict Kahn , エンリコ・カルーソー Enrico Caruso , ジャン・グラニエ Jean Granier , ヴィンセンツォ・デ・クレッセンツォ Vincenzo de Crescenzo , アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan , ギィ・ダーデロー Guy d' Hardelot , ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky , ガエターノ・ドニゼッティ Gaetano Donizetti , ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet , ジャン=バティスト・フォーレ Jean-Baptiste Faure , ジャコモ・プッチーニ Giacomo Puccini , ジュール・マスネ Jules Massenet , ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
ルイジ・イリカ Luigi Illica , ドメニコ・オリヴァ Domenico Oliva , サルヴァドーレ・カッマラーノ Salvadore Cammarano , ルイ・ガレ Louis Gallet , ヴィンセンツォ・デ・クレッセンツォ Vincenzo de Crescenzo , ジュゼッペ・ジャコーサ Giuseppe Giacosa , フィリップ・ジル Philippe Gille , 新約聖書 Bible - New Testament , テミストークレ・ソレーラ Temistocle Solera , ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky , エドワード・テシェマッヒャー Edward Teschemacher , カミール・デュ・ロクル Camille Du Locle , フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ Francesco Maria Piave , 不詳 Anonymous , アデレード・プロクター Adelaide Procter , カルロ・ペポーリ Carlo Pepoli , ミサ典礼文 Mass Text , アンリ・メイヤック Henri Meilhac , ジョゼフ・メリ François-Joseph Méry , Earl Carroll , J.J. Didiee
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
パスクアーレ・アマート Pasquale Amato , ミッシャ・エルマン Mischa Elman , パーシー・カーン Percy Kahn , エンリコ・カルーソー Enrico Caruso , ジョセフィーヌ・ジャコビー Josephine Jacoby , エルネスティーネ・シューマン=ハインク Ernestine Schumann-Heink , マルセル・ジュルネ Marcel Journet , アントニオ・スコッティ Antonio Scotti , ガエターノ・スコニャミリオ Gaetano Scognamiglio , ルイーザ・テトラッツィーニ Luisa Tetrazzini , アンジェロ・バーダ Angelo Bada , ビクター管弦楽団 Victor Orchestra , ジェラルディン・ファーラー Geraldine Farrar , ワルター・B・ロジャーズ Walter B. Rogers , A・レジス・ロッシーニ A. Regis Rossini , Frances Alda

エンリコ・カルーソー:全集 7 (1912 - 1913)

CARUSO, Enrico: Complete Recordings, Vol. 7 (1912-1913)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110724

全トラック選択/解除

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「第1回十字軍のロンバルディア人」 - 第3幕 喜びが血を沸き立たせる
1.

I Lombardi, Act III: Qual volutta trascorrere

録音: 7 January 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29518

ジャン=バティスト・フォーレ - Jean-Baptiste Faure (1830-1914)

**:**
十字架
2.

Crucifix

録音: 7 January 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29519

ガエターノ・ドニゼッティ - Gaetano Donizetti (1797-1848)

**:**
歌劇「ランメルモールのルチア」 - 第2幕 六重唱「じゃまするのは誰だ」
3.

Lucia di Lammermoor, Act II: Chi mi frena in tal momento?

録音: 19 January 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29520

ヴィンセンツォ・デ・クレッセンツォ - Vincenzo de Crescenzo (1875-1964)

**:**
タランテッラ・シンチェーラ
4.

Tarantella sincera

録音: 19 January 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29521

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「リゴレット」 - 第3幕 四重唱 「美しい乙女よ」
5.

Rigoletto, Act IV: Bella figlia dell'amore

録音: 13 February 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29522

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
音楽の夜会 - 第8曲 踊り 「ナポリのタランテッラ」
6.

Les soirées musicales: No. 8. La danza (arr. for voice and orchestra)

録音: 13 February 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29523

エンリコ・カルーソー - Enrico Caruso (1873-1921)

**:**
Dreams of long ago

録音: 18 April 1912, Camden, New Jersey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29524
**:**
»  Dreams of long age
7.

-

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
失われた音階
8.

The Lost Chord

録音: 29 April 1912, Camden, New Jersey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29525

ギィ・ダーデロー - Guy d' Hardelot (1858-1936)

**:**
なぜならば
9.

Because

録音: 7 December 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29526

ジャン・グラニエ - Jean Granier

**:**
Hosanna
10.
録音: 7 December 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29527

ジュール・マスネ - Jules Massenet (1842-1912)

**:**
歌劇「マノン」 - 第2幕 Manon! On l'appelle Manon

Manon, Act II: Manon! On l'appelle Manon

録音: 30 December 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29528
**:**
»  Manon, Act II: Manon! On I'appelle Manon
11.

-

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「ラ・ボエーム」 - 第1幕 ああ、麗しの乙女
12.

La bohème, Act I: O soave fanciulla

録音: 30 December 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29529

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「ドン・カルロ」 - 第2幕 天に勇気を求めなさい...われらの胸に友情を

Don Carlo, Act II: Domanda al ciel...Dio, che nell'alma infondere

録音: 30 December 1912, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29530
**:**
»  Don Carol, Act II: Domanda al ciel...Dio, che nell'alma infondere
13.

-

 
**:**
歌劇「トロヴァトーレ」 - 第4幕 二重唱「われらの山へ」

Il trovatore, Act IV: Se m'ami ancor...Ai nostri monti

録音: 17 January 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29531
**:**
»  II trovatore, Act IV: Se m'ami ancor...Ai nostri monti
14.

-

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
6つの歌 Op. 38 - 第6番 ピンピネッラ, フィレンツェの歌
15.

Pimpinella

録音: 17 January 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29532

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「リゴレット」 - 第2幕 あの娘は攫われてしまった!…あの娘の涙が見えるようだ

Rigoletto, Act III: Ella mi fu rapita!... Parmi veder le lagrime

録音: 24 February 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29533
**:**
»  Rigoletto, Act III: Ella mi fu rapita!..Parmi verder le lagrime
16.

-

ジョルジュ・ビゼー - Georges Bizet (1838-1875)

**:**
アニュス・デイ
17.

Agnus Dei

録音: 24 February 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29534

ジャコモ・プッチーニ - Giacomo Puccini (1858-1924)

**:**
歌劇「マノン・レスコー」 - 第1幕 なんと素晴らしい美人
18.

Manon Lescaut, Act I: Donna non vidi mai

録音: 24 February 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29535

ペルキヴァル・ベネディクト・カーン - Percival Benedict Kahn (1880-1966)

**:**
アヴェ・マリア
19.

Ave Maria

録音: 20 March 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29536

ジュール・マスネ - Jules Massenet (1842-1912)

**:**
エレジー(悲歌)
20.

Elegie

録音: 20 March 1913, New York City
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29537
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
録音史上最も有名なテノールのひとり、エンリコ・カルーソー(1873~1921)の全録音を集めたシリーズの第7巻。ここでは独唱曲のほか、かれが主要な活動拠点としていたアメリカのメトロポリタン歌劇場のスターたちとの重唱、さらに名ヴァイオリニストのミッシャ・エルマン(1891~1967)との共演が聴けます。カルーソーはオペラの全曲録音を行いませんでしたが、いくつかの重唱録音を残しており、アンサンブルの一員としてのかれの歌いぶりを、そこに偲ぶことができます。3人のソプラノなど共演歌手たちは、いずれも後世に名を残す歌手ばかりです。(山崎浩太郎)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。