ホーム > アルバム > 8.110769 ミーシャ・レヴィツキーの録音全集 2(1927-1933)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110769
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann , モーリッツ・モシュコフスキ Moritz Moszkowski , フランツ・リスト Franz Liszt , ミッシャ・レヴィツキ Mischa Levitzki
アーティスト
ミッシャ・レヴィツキ Mischa Levitzki , ランドン・ロナルド Landon Ronald , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ミーシャ・レヴィツキーの録音全集 2(1927-1933)

LEVITSKI, Mischa: Complete Recordings, Vol. 2 (1927-1933)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110769

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 ト短調 Op. 22

Sonata No. 2 in G Minor, Op. 22

録音: 10 March 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40603
**:**
»  I. So rasch wie moglich
1.

-

**:**
»  II. Andantino: Getragen
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Sehr rasch und markiert
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Presto
4.

-

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S124/R455

Piano Concerto No. 1 in E-Flat Major, S124/R455

録音: 11 and 14 November 1929
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40604
**:**
»  Allegro maestoso -
5.

-

**:**
»  Quasi Adagio -
6.

-

**:**
»  Allegretto vivace -
7.

-

**:**
»  Allegro marziale animato -
8.

-

 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第6番 変ニ長調
9.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 6 in D-Flat Major

録音: 15 December 1927
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40605
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第12番 嬰ハ短調
10.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 12 in C-Sharp Minor

録音: 16 March 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40606
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第13番 イ短調
11.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 13 in A Minor

録音: 16 March 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40607
 
**:**
3つの演奏会用練習曲 S144/R5 - 第3番 変ニ長調 「ため息」
12.

3 etudes de concert, S144/R5: No.3 in D-Flat Major, "Un sospiro"

録音: 21 November 1928
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40608
 
**:**
パガニーニ大練習曲 S141/R3b - 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネッラ(鐘)」
13.

Grandes Etudes de Paganini, S141/R3b: No. 3 in G-Sharp Minor, "La campanella"

録音: 16 December 1927
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40610
 
**:**
パガニーニ大練習曲 S141/R3b - 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネッラ(鐘)」
14.

Grandes Etudes de Paganini, S141/R3b: No. 3 in G-Sharp Minor, "La campanella"

録音: 22 November 1928
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40609

モーリッツ・モシュコフスキ - Moritz Moszkowski (1854-1925)

**:**
女道化師 Op. 52, No. 4
15.

La Jongleuse, Op. 52, No. 4

録音: 16 December 1927
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40611

ミッシャ・レヴィツキ - Mischa Levitzki (1898-1941)

**:**
Waltz in A Major, Op. 2, "Valse amour"
16.
録音: 21 November 1929
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40612
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
生前、スタインウェイ社によるピアニストのランキングでトップクラスの“A”に属していたレヴィツキー。硬質で職人芸ともいえる堅実な技巧を武器に、数々の難曲を苦労の痕もなく弾きこなしました。独特の緊張感を常に維持しつつも、旋律線をうたわせることにも秀でており、かつ同時代のピアニストと比べ、過剰な表現を回避するなど、モダニストとしての側面も、彼の演奏を特徴付けています。シューマンの第1楽章でのダッシュと第2楽章の対比、自作のワルツにおける融通無碍なリズムが、彼の本領とも言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。