ホーム > アルバム > 8.110967 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ラロ:ヴァイオリン協奏曲第2番「スペイン交響曲」/他(メニューイン)(1933,1938)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110967
CD発売時期
2002年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エルネスト・ショーソン Ernest Chausson , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn , エドゥアール・ラロ Édouard Lalo
アーティスト
ジョルジェ・エネスク George Enescu , コロンヌ管弦楽団 Colonne Concerts Orchestra , パリ交響楽団 Paris Symphony Orchestra , ユーディ・メニューイン Yehudi Menuhin

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ラロ:ヴァイオリン協奏曲第2番「スペイン交響曲」/他(メニューイン)(1933,1938)

MENDELSSOHN: Violin Concerto / LALO: Symphonie espagnole (Menuhin) (1933, 1938)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.110967

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op. 64

Violin Concerto in E Minor, Op. 64, MWV O14

録音: 2 May, 1938, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34904
**:**
»  I. Allegro molto appassionato
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegretto non troppo - Allegro molto vivace
3.

-

エドゥアール・ラロ - Édouard Lalo (1823-1892)

**:**
スペイン交響曲 Op. 21

Symphonie espagnole, Op. 21

録音: 20 June, 1933, Studio Albert, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2994484
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Adagio molto
5.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegretto non troppo
6.

-

**:**
»  IV. Andante
7.

-

**:**
»  V. Rondo: Allegro
8.

-

エルネスト・ショーソン - Ernest Chausson (1855-1899)

**:**
詩曲 Op. 25
9.

Poeme, Op. 25

録音: 21st June, 1933, Studio Albert, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2994485
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
メニューインは生涯4回にわたり、メンデルスゾーンのホ短調協奏曲を録音しています。もっともよく知られている録音は1958年のものですが、このCDに収録されている38年のものは、彼の技術的に最盛期といわれる1930年代の録音です。メンデルスゾーンの協奏曲における、メニューインの古典的様式感の手堅さとヴァイオリンの歌わせ方は、ヴァイオリン協奏曲の一つの公準とみなすこともできるでしょう。全く性格の異なる民族色の強い「スペイン交響曲」ショーソンの「詩曲」においても、けっして過多な情緒を発露することなく、極めて端正なアプローチで取り組んでいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。