ホーム > アルバム > 8.111006 ディーリアス:ヴァイオリン協奏曲/ピアノ協奏曲/夜明け前の歌(ロイヤル・フィル/ビーチャム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111006
CD発売時期
2006年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フレデリック・ディーリアス Frederick Delius
アーティスト
トーマス・ビーチャム Thomas Beecham , ベティ・ビーチャム Betty Beecham , ジャン・プーニエ Jean Pougnet , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

ディーリアス:ヴァイオリン協奏曲/ピアノ協奏曲/夜明け前の歌(ロイヤル・フィル/ビーチャム)

DELIUS, F.: Orchestral Works, Vol. 5 - Violin Concerto / Piano Concerto (B. and T. Beecham, J. Pougnet) (1946-1951)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111006

全トラック選択/解除

フレデリック・ディーリアス - Frederick Delius (1862-1934)

**:**
交響詩「おとぎ話」 (むかしある時)
1.

Eventyr (Once upon a time)

録音: 12 January & 3 April 1951, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115219
 
**:**
小管弦楽のための2つの小品 - 第2曲 川辺の夏の夜
2.

2 Pieces for Small Orchestra: No. 2. Summer Night on the River

録音: 18 February & 6 April 1949, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115220
 
**:**
3つの小さな音詩 - 第1番 夏の夕べ
3.

3 Small Tone Poems: No. 1. Summer Evening

録音: 18 February & 6 April 1949, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115221
 
**:**
夜明け前の歌
4.

A Song Before Sunrise

録音: 18 February & 6 April 1949, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115222
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

録音: 31 October & 1 November 1946, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115223
**:**
»  With moderate tempo -
5.

-

**:**
»  Slower -
6.

-

**:**
»  Tempo I - Allegretto - Più moderato
7.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲 ハ短調

Piano Concerto in C Minor

録音: 4 & 16 December 1946, No. 1 Studio, Abbey Road, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/115224
**:**
»  Allegro non troppo -
8.

-

**:**
»  Largo -
9.

-

**:**
»  Tempo primo
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「英国印象派」ともいえるディーリアスの作品を特徴づけているのは、音楽の流麗さのみならず、懐古的で暖かな風景が眼前に浮かび上がるかのような心象です。しかしその心象は、いたずらに耽溺するたぐいの物ではなく、どこか達観した英国風の価値観が反映されている傾向が見られます。ビーチャムは単にディーリアスの側にいた指揮者と言うだけではなく、作品に潜むそういった特徴を体現するのに適合した資質を持つ表現者であったがゆえに、積極的にディーリアスの作品を取り上げ、また改訂も含め、作曲者はビーチャムの解釈を高く評価したのでした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。