ホーム > アルバム > 8.111010 レハール:ルクセンブルグ伯爵/ジュディエッタ(抜粋)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111010
CD発売時期
2005年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
フランツ・レハール Franz Lehár
作詞家
ベーラ・イェンバッハ Bela Jenbach , アルフレート・マリア・ヴィルナー Alfred Maria Willner , パウル・クネプラー Paul Knepler , ルートヴィヒ・ヘルツァー Ludwig Herzer , ロバート・ボダンツキー Robert Bodanzky , ハインツ・ライヒェルト Heinz Reichert , フリッツ・レーナー Fritz Löhner-Beda
アーティスト
ORTFリリク合唱団 ORTF Lyric Chorus , ミシェル・アメル Michel Hamel , アニタ・アメルスフェルト Anita Ammersfeld , アラン・ヴァンゾ Alain Vanzo , クロディーヌ・コラール Claudine Collart , レミ・コラッツァ Remi Corazza , アドルフ・シベール Adolphe Sibert , ピエール・ソージェ Pierre Sauget , リーナ・ダサリー Lina Dachary , アイメ・ドニャート Aime Doniat , アンドレ・ドラン Andre Dran , アンリ・ルゲ Henri Legay , Georgette Despanellys , Jacques Gillet , ORTF Lyric Orchestra , Monique Stiot , Dominique Tirmont

レハール:ルクセンブルグ伯爵/ジュディエッタ(抜粋)

LEHAR: Le comte de Luxembourg / Frederique / Giuditta (excerpts) (ORTF, Sibert) (1966-1980)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111010

全トラック選択/解除

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
Le Tsarevitch: Introduction - Chanson de la Volga - Un beau reve
1.
録音: 1971
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105125
 
**:**
喜歌劇「ジュディッタ」 - 第1幕 Oh, signora, oh signora
2.

Giuditta, Act I: Oh, signora, oh signora

録音: 1970
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105126
 
**:**
喜歌劇「ジュディッタ」 - 第4幕 私は自分自身が分からない
3.

Giuditta, Act IV: Ich weiss es selber nicht (Sur mes levres)

録音: 1980
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105127
 
**:**
喜歌劇「ジュディッタ」 - 第3幕 Oh, ma belle etoile
4.

Giuditta, Act III: Oh, ma belle etoile

録音: 1970
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105128
 
**:**
Frederique (excerpts)

録音: 1971
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105129
**:**
»  Overture - Chantez, oiseaux
5.

-

**:**
»  Quatuor des etudiants
6.

-

**:**
»  Duo de la belle Alsacienne
7.

-

**:**
»  Ah, pourquoi m'as-tu pris mon coeur?
8.

-

 
**:**
Le Comte de Luxembourg (excerpts)

録音: 1971
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105133
**:**
»  Act I: Entree du comte
9.

-

**:**
»  Act I: Entree de Suzanne: Mazurka
10.

-

**:**
»  Act I: Duo Suzanne-Fernand
11.

-

**:**
»  Act II: Suzanne
12.

-

**:**
»  Act II: Duo Basil-Juliette
13.

-

**:**
»  Act II: Duo Suzanne-Fernand
14.

-

**:**
»  Act III: Romance de Suzanne et Brissard
15.

-

**:**
»  Act III: Duo Suzanne-Fernand
16.

-

**:**
»  Act III: Finale
17.

-

 
**:**
La danse des libellules (excerpts)

録音: 1966
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105134
**:**
»  Act I: Overture
18.

-

**:**
»  Act I: Duo L'amour ouvre ta porte
19.

-

**:**
»  Act I: La Java Gavotte
20.

-

**:**
»  Act III: L'amour ouvre ta porte (Reprise)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
フランス国営視聴覚協会に保存されているオペレッタの選りすぐりの作品のうち、フランス語で歌われているものの選集です。オペレッタのなかでも「レハールの『ラ・ボエーム』」とも言われる「ルクセンブルク伯爵」は、メロディーの美しさとストーリーのロマンティックさという点で、レハールの作品中、最上位の一つとされています。人生の切なさや儚さ、ペーソス、希望を歌い上げる芸達者な面々~ことにダシャーリのコケティッシュで魅惑的な声は、オペレッタのヒロインにうってつけ。その声の演技力をもって八面六臂の役を担っているのも聞き逃せません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。