ホーム > アルバム > 8.111025 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(カラス/ディ・ステファノ) (1953)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111025
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ピエトロ・マスカーニ Pietro Mascagni
作詞家
ジョヴァンニ・タルジョーニ=トッツェッティ Giovanni Targioni-Tozzetti , グイド・メナスチ Guido Menasci
アーティスト
ヴィットーレ・ヴェネツィアーニ Vittore Veneziani , アンナ・マリア・カナーリ Anna Maria Canali , マリア・カラス Maria Callas , トゥリオ・セラフィン Tullio Serafin , ジュゼッペ・ディ・ステファノ Giuseppe Di Stefano , エベ・ティコッツィ Ebe Ticozzi , ローランド・パネライ Rolando Panerai , ミラノ・スカラ座合唱団 Milan La Scala Chorus , ミラノ・スカラ座管弦楽団 Milan La Scala Orchestra

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(カラス/ディ・ステファノ) (1953)

MASCAGNI: Cavalleria rusticana (Callas, di Stefano, Serafin) (1953)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111025

全トラック選択/解除

ピエトロ・マスカーニ - Pietro Mascagni (1863-1945)

**:**
Cavalleria rusticana (Rustic Chivalry)

録音: 16-25 June and 3-4 August 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/105846
**:**
»  Part I: Prelude
1.

-

**:**
»  Part I: O Lola (Turiddu)
2.

-

**:**
»  Part I: Gli aranci olezzano (Women, Men)
3.

-

**:**
»  Part I: Dite, mamma Lucia (Santuzza, Lucia)
4.

-

**:**
»  Part I: Il cavallo scalpita (Alfio, Chorus, Lucia, Santuzza)
5.

-

**:**
»  Part I: Regina coeli, laetare (Chorus, Santuzza)
6.

-

**:**
»  Part I: Perche m’hai fatto...Voi lo sapete (Lucia, Santuzza)
7.

-

**:**
»  Part I: Tu qui, Santuzza? (Turiddu, Santuzza)
8.

-

**:**
»  Part I: Fior di giaggiolo (Lola, Turiddu, Santuzza)
9.

-

**:**
»  Part I: Ah! lo vedi...No, no Turiddu (Turiddu, Santuzza)
10.

-

**:**
»  Part I: Oh! Il Signore vi manda (Santuzza, Alfio)
11.

-

**:**
»  Part II: Intermezzo
12.

-

**:**
»  Part II: A casa, a casa (Men, Women, Turiddu, Lola)
13.

-

**:**
»  Part II: Intanto amici, qua (Turiddu, Lola, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II: A voi tutti salute! (Alfio, Chorus, Turiddu, Lola, Women)
15.

-

**:**
»  Part II: Mamma, mamma! Quel vino e generoso (Turiddu, Lucia, Santuzza, A Woman)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
厚く結ばれたはずの友情や家族愛が、ほんの少しの掛け違いによって取り返しのつかない悲劇的な結末を迎える・・・主人公のトゥリッドゥにはその愚直と激しい気性を演ずることが求められますが、このCDが収録された時期のディ・ステファノは、まさに美声に物言わせた猪突猛進型の歌手で、トゥリッドゥにうってつけでした。迎え撃つカラスはスカラ・デビューを果たし、3年後にメト・デビューを控え、まさにスター街道を驀進中の時期。EMIの2大スターによるモノラル期最後の録音群の中で、「道化師」と並び強いインパクトを残したものとして記憶されている盤の復刻です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。