ホーム > アルバム > 8.111114 イグナーツ・フリードマン:英コロムビアによる録音集(1933-1936)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111114
CD発売時期
2006年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
スポークン・ドキュメンタリー, 器楽曲
作曲家
カール・マリア・フォン・ウェーバー Carl Maria von Weber , ウィリアム・シールド William Shield , フランツ・シューベルト Franz Schubert , フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák , イグナツィ・ヤン・パデレフスキ Ignacy Jan Paderewski , na Not Applicable , イグナーツ・フリードマン Ignaz Friedman , モーリッツ・モシュコフスキ Moritz Moszkowski , アントン・ルビンシテイン Anton Rubinstein
編曲者
カール・タウジヒ Carl Tausig , イグナーツ・フリードマン Ignaz Friedman
アーティスト
イグナーツ・フリードマン Ignaz Friedman

イグナーツ・フリードマン:英コロムビアによる録音集(1933-1936)

FRIEDMAN, Ignaz: Complete Recordings, Vol. 5: English Columbia Recordings (1933-1936)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111114

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
バラード第3番 変イ長調 Op. 47
1.

Ballade No. 3 in A-Flat Major, Op. 47

録音: 27 February 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/113352

イグナーツ・フリードマン - Ignaz Friedman (1882-1948)

**:**
6 Wiener Tänze nach motiven von Eduard Gärtner: No. 2. Vivo e sciolto
2.
録音: 17th February 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237252
 
**:**
6 Wiener Tänze nach motiven von Eduard Gärtner: No. 6. Epilogue: Moderato
3.
録音: 17th February 1933
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237253

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
即興曲第2番 嬰ヘ長調 Op. 36
4.

Impromptu No. 2 in F-Sharp Major, Op. 36

録音: 27 November 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237254
 
**:**
夜想曲第16番 変ホ長調 Op. 55, No. 2
5.

Nocturne No. 16 in E-Flat Major, Op. 55, No. 2

録音: 27 November 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237255

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
Aufforderung zum Tanze (Invitation to the Dance), Op. 65
6.
録音: 23 November and 2 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237256

モーリッツ・モシュコフスキ - Moritz Moszkowski (1854-1925)

**:**
6 Pieces, Op. 15: No. 1. Serenata
7.
録音: 1 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237257

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
8つのユモレスク Op. 101, B. 187 - 第7曲 ポーコ・レント・エ・グラツィオーソ 変ト長調
8.

8 Humoresques, Op. 101, B. 187: No. 7. Poco lento e grazioso in G-Flat Major

録音: 1 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237258

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ - Ignacy Jan Paderewski (1860-1941)

**:**
演奏会用ユモレスク Op. 14 - 第1曲 メヌエット
9.

Humoresques de concert, Op. 14: No. 1. Minuet in G Major

録音: 1 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237259

アントン・ルビンシテイン - Anton Rubinstein (1829-1894)

**:**
Valse Caprice in E-Flat Major
10.
録音: 2 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237260

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
3つの軍隊行進曲 Op. 51/D. 733 (編曲:C. タウジヒ)
11.

3 Marches militaires, Op. 51: No. 1 in D Major (arr. C. Tausig)

録音: 2 December 1936
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237261

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
マズルカ第17番 変ロ短調 Op. 24 No. 4
12.

Mazurka No.17 in B-Flat Minor, Op. 24, No. 4

録音: 10 October 1929 or 17 February 1930
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237262
 
**:**
マズルカ第25番 ロ短調 Op. 33, No. 4
13.

Mazurka No. 25 in B Minor, Op. 33, No. 4

録音: 10 October 1929 or 17 February 1930
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237263
 
**:**
Waltz No. 9 in A-Flat Major, Op. 69, No. 1
14.
録音: 13 February 1929
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237264

ウィリアム・シールド - William Shield (1748-1829)

**:**
Old English Minuet (arr. I. Friedman)

録音: 15 February 1929
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237265
**:**
»  Old English Minuet (arr. C. Tausig)
15.

-

- na Not Applicable

**:**
Friedman speaks on Paderewski
16.
録音: 6 November 1940
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2237266
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
マズルカにおいてその神懸かり的なリズム感の冴えを表す一方、フリードマンは旋律線を息長く歌わせることに秀でたピアニストでした。レシェテツキーの弟子の中でおそらくもっとも技巧的な力量を持っていた彼は、曲の細部に至るまで完全に掌握し、また自発的あるいは直感的ともいえる勘で曲全体の構成をつかみ、旋律線を描くことに反映していたと見ることが出来ます。このCDに収録されている変ホ長調の夜想曲は、録音史上もっとも「歌う」ピアノとして評価されている彼の金字塔です。いかなるピアニスト~ホロヴィッツを含めて~もこの高みに達することは不可能でした。
レビュアー: shura 投稿日:2013/04/20
この盤が推薦盤となりうれしく思っています。付け加えますが(ブックレットp3によりますと)変ホ長調の夜想曲についてコメントしたのはかのHarold Schonberg氏で、(it)'may well be the most beautiful, singing, perfectly proportioned performance of a Chopin Nocturne ever put on records'と書かれています。まったく同感です。もちろん他の演奏も素晴らしい。聴いていて幸せな気分になれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。