ホーム > アルバム > 8.111282 ショパン/ピアノ・ソナタ第2番/スケルツォ第1番/バラード第4番/練習曲第3番(ホロヴィッツ)(1947-1957)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111282
CD発売時期
2008年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin
アーティスト
ウラディーミル・ホロヴィッツ Vladimir Horowitz

ショパン/ピアノ・ソナタ第2番/スケルツォ第1番/バラード第4番/練習曲第3番(ホロヴィッツ)(1947-1957)

CHOPIN: Piano Sonata No. 2 / Ballade No. 4 / Polonaise-fantaisie (Horowitz) (1947-1957)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111282

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」 Op. 35

Piano Sonata No. 2 in B-Flat Minor, Op. 35, "Funeral March"

録音: 13 May 1950, Town Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182239
**:**
»  I. Grave - Doppio movimento
1.

-

**:**
»  II. Scherzo
2.

-

**:**
»  III. Marche funebre: Lento
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
4.

-

 
**:**
舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
5.

Barcarolle in F-Sharp Major, Op. 60

録音: 23 February 1957, Carnegie Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182240
 
**:**
バラード第4番 ヘ短調 Op. 52
6.

Ballade No. 4 in F Minor, Op. 52

録音: 8 May 1952, Manhattan Center, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182241
 
**:**
ポロネーズ第7番 変イ長調 「幻想」 Op. 61
7.

Polonaise No. 7 in A-Flat Major, Op. 61, "Polonaise-fantasie"

録音: 23 April 1951, Carnegie Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182242
 
**:**
エチュード集 Op. 10 - 第3番 ホ長調 「別れの曲」
8.

Etude No. 3 in E Major, Op. 10, No. 3

録音: 29 April 1951, Hunter College Auditorium, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182243
 
**:**
スケルツォ第1番 ロ短調 Op. 20
9.

Scherzo No. 1 in B Minor, Op. 20

録音: 28-29 April 1951, Hunter College Auditorium, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182244
 
**:**
バラード第4番 ヘ短調 Op. 52 (1949年録音)
10.

Ballade No. 4 in F Minor, Op. 52 (withdrawn 1949 recording)

録音: 28 December 1949, Town Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182245
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
伝説のピアニスト、ホロヴィッツの1950年代の演奏を中心に収録。彼の弾くショパンはあまりにも雄大で壮大、柔軟な表情付けとバリバリの男らしさを併せ持った独特な演奏は、当時の批評家の耳を翻弄したことは間違いありません。ソナタ第2番での驚くようなテンポ設定も聴きどころ。1949年録音のバラードも貴重な音源として知られています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。