ホーム > アルバム > 8.111286 J.S. バッハ:イタリア協奏曲/半音階的幻想曲とフーガ(シュナーベル)(1936-1950)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111286
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
アーティスト
アルトゥル・シュナーベル Artur Schnabel , カール・ウルリッヒ・シュナーベル Karl Ulrich Schnabel , エイドリアン・ボールト Adrian Boult , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

J.S. バッハ:イタリア協奏曲/半音階的幻想曲とフーガ(シュナーベル)(1936-1950)

BACH, J.S.: Italian Concerto / Toccatas / Concerto for 2 Keyboards, BWV 1061 (Schnabel) (1936-1950)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111286

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971

Concerto in the Italian Style in F Major, BWV 971, "Italian Concerto"

録音: 11 November 1938, EMI Abbey Road Studio No. 3, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195541
**:**
»  I. (Allegro)
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV 903

Chromatic Fantasia and Fugue in D Minor, BWV 903

録音: 15-16 June 1948, EMI Abbey Road Studio No. 3, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195542
**:**
»  Fantasia
4.

-

**:**
»  Fugue
5.

-

 
**:**
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 BWV 846-869 - 前奏曲とフーガ第5番 ニ長調 BWV 850

The Well-tempered Clavier, Book 1: Prelude and Fugue No. 5 in D Major, BWV 850

録音: 13 June 1950, EMI Abbey Road Studio No. 3, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195543
**:**
»  Prelude
6.

-

**:**
»  Fugue
7.

-

 
**:**
トッカータ ハ短調 BWV 911

Toccata in C Minor, BWV 911

録音: 24 November 1937, EMI Abbey Road Studio No. 3, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195544
**:**
»  Introduction - Adagio -
8.

-

**:**
»  Fugue I -
9.

-

**:**
»  Fugue II
10.

-

 
**:**
トッカータ ニ長調 BWV 912

Toccata in D Major, BWV 912

録音: 24 November 1937, EMI Abbey Road Studio No. 3, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195546
**:**
»  Introduction (Presto) - Allegro -
11.

-

**:**
»  Adagio - (Fugato - Adagio) -
12.

-

**:**
»  Fugue (Presto)
13.

-

 
**:**
2台のチェンバロのための協奏曲 ハ長調 BWV 1061

Concerto for 2 Keyboards in C Major, BWV 1061

録音: 28 October 1936, EMI Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/195545
**:**
»  I. (Allegro)
14.

-

**:**
»  II. Adagio
15.

-

**:**
»  III. Fuga
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
このアルバムはシュナーベルのJ.S.バッハの商業録音を全て含んだものです。シュナーベルのレパートリーはあまり広くなく、どちらかというと、シューベルトやベートーヴェン、モーツァルトなどを得意としていた彼にとっては、バッハはあまり親密な作曲家とは言えなかったようで、ハ短調のトッカータでも特異な解釈を繰り広げています。とは言え、死の前年に録音された「前奏曲とフーガ ニ長調」の穏やかな美しさは一聴に値するものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。