ホーム > アルバム > 8.111297 J.S. バッハ:ストコフスキー編曲集(フィラデルフィア管/ストコフスキー)(1927-1939)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111297
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
レオポルド・ストコフスキー Leopold Stokowski
アーティスト
レオポルド・ストコフスキー Leopold Stokowski , フィラデルフィア管弦楽団 Philadelphia Orchestra

J.S. バッハ:ストコフスキー編曲集(フィラデルフィア管/ストコフスキー)(1927-1939)

BACH, J.S.: Stokowski Transcriptions, Vol. 1 (Stokowski) (1927-1939)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111297

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
1.

Toccata and Fugue in D Minor, BWV 565 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 6 April 1927, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225091
 
**:**
われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ BWV 639 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
2.

Das Orgel-Buchlein: Ich ruf' zu dir, Herr Jesu Christ, BWV 639 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 13 October 1927, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225092
 
**:**
オルガン小曲集 - いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV 599 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
3.

Das Orgel-Buchlein: Nun komm, der Heiden Heiland, BWV 599 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 7 April 1934, Trinity Church Studio No. 2, Camden, New Jersey, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225726
 
**:**
クラヴィーア練習曲集 第3部 - われらみな唯一なる神を信ず BWV 680 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
4.

Clavierubung III: Wir glauben all' an einen Gott, BWV 680 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 1 May 1929, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225094
 
**:**
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 - 第24番 前奏曲 ロ短調 BWV 869 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
5.

The Well-Tempered Clavier, Book I: Prelude No. 24 in B Minor, BWV 869 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 2 May 1929, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225095
 
**:**
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 - 第8番 前奏曲 変ホ短調 BWV 853 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
6.

The Well-Tempered Clavier, Book I: Prelude No. 8 in E-Flat Minor, BWV 853 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 12 October 1927, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225096
 
**:**
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 - 第2番 フーガ ハ短調 BWV 847 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
7.

The Well-Tempered Clavier, Book I: Fugue No. 2 in C Minor, BWV 847 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 7 April 1934, Trinity Church Studio No. 2, Camden, New Jersey, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225097
 
**:**
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004 - 第5曲 シャコンヌ(編曲:L. ストコフスキー)
8.

Partita No. 2 in D Minor, BWV 1004: V. Chaconne (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 30 April 1934, Trinity Church Studio No. 2, Camden, New Jersey, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225098
 
**:**
われらが神は堅き砦 BWV 302 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
9.

Ein Feste Burg (A Mighty Fortress Is Our God) (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 20 April 1939, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225099
 
**:**
トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564 - アダージョ(L. ストコフスキーによる管弦楽編)
10.

Toccata, Adagio and Fugue in C Major, BWV 564: Adagio (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 28 October 1933, Trinity Church Studio No. 1, Camden, New Jersey, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225100
 
**:**
フーガ ト短調 「小フーガ」 BWV 578 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
11.

Fugue in G Minor, BWV 578, "Little Fugue" (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 17 March 1931, Trinity Church Studio No. 1, Camden, New Jersey, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225101
 
**:**
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV 582 (L. ストコフスキーによる管弦楽編)
12.

Passacaglia and Fugue in C Minor, BWV 582 (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: 16 November 1936, the Academy of Music, Philadelphia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225102
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀の最も偉大な指揮者の1人であるストコフスキーは、偉大なる名曲を自らの編曲(再作曲?)で華麗なる音絵巻へと変貌させました。NAXOSからは、セレブリエールによるその編曲版の録音も出ていますが(8.557883)、やはり御大自らの棒で聴くのには格別の味わいがあると言うものです。原曲の数百倍ほど派手になったバッハで新鮮な驚きをどうぞ。
レビュアー: タカシ 投稿日:2014/11/25
動画サイトで、曲名はわからないけれど、バッハのすばらしいオーケストラ用編曲を知り、ようやく探しあてました。「トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564」のアダージョです。収めたCDはNMLだけで何枚もありますが、やはり本家ストコフスキーで。最初のトッカータの部分をはしょって、心に切々と訴えるアダージョを取り出してみせた感性はすばらしいし、演奏も胸を打ちます。厳格なクラシックファンを気にしてか、いったんは貶めずにいられない現代の音楽評論は不幸です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。