ホーム > アルバム > 8.111341 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番/ブラームス:ピアノ五重奏曲(グールド/モントリオール弦楽四重奏団/コロンビア響/バーンスタイン)(1957)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111341
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
グレン・グールド Glenn Gould , コロンビア交響楽団 Columbia Symphony Orchestra , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , モントリオール弦楽四重奏団 Montreal String Quartet

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番/ブラームス:ピアノ五重奏曲(グールド/モントリオール弦楽四重奏団/コロンビア響/バーンスタイン)(1957)

BEETHOVEN, L. van: Piano Concerto No. 2 / BRAHMS, J.: Piano Quintet (Gould) (1957)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111341

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 19

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 19

録音: 9-11 May 1957, Columbia 30th Street Studios, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/271259
**:**
»  I. アレグロ・コン・ブリオ
1.

-

I. Allegro con brio

**:**
»  II. アダージョ
2.

-

II. Adagio

**:**
»  III. ロンド - モルト・アレグロ
3.

-

III. Rondo: Molto allegro

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op. 34

Piano Quintet in F Minor, Op. 34

録音: August, 1957, CBC Studios, Montreal, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/271276
**:**
»  I. アレグロ・ノン・トロッポ
4.

-

I. Allegro non troppo

**:**
»  II. アンダンテ・ウン・ポーコ・アダージョ
5.

-

II. Andante un poco adagio

**:**
»  III. スケルツォ - アレグロ
6.

-

III. Scherzo: Allegro

**:**
»  IV. フィナーレ - ポーコ・ソステヌート - アレグロ・ノン・トロッポ
7.

-

IV. Finale: Poco sostenuto - Allegro non troppo

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
様々な逸話に事欠かない天才ピアニスト、グレン・グールド。彼がバーンスタインと共演した際も、テンポや解釈の違いについて多くの諍いがあり(バーンスタインが最終的に若いピアニストに屈したと言われますが)結局予定されていたベートーヴェンの協奏曲全曲録音は完成することがありませんでした。この第2番の協奏曲も聴いてみると、オーケストラのみの提示部は悠然としているのですが、ピアノが入ってくると、その軽やかなテンポにバーンスタインが翻弄されている様がよくわかります。かたやブラームスはまさしくグールドと一体となった音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。