ホーム > アルバム > 8.111376-77 メノッティ:歌劇「マリア・ゴロヴィン」(デュヴァル/クロス/ニューウェイ/ハンド/アドラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111376-77
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 協奏曲
作曲家
ジャン・カルロ・メノッティ Gian Carlo Menotti
作詞家
ジャン・カルロ・メノッティ Gian Carlo Menotti
アーティスト
ピーター・ハーマン・アドラー Peter Herman Adler , リチャード・クロス Richard Cross , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , スタジオ・コーラス Studio chorus , トシー・スピヴァコフスキー Tossy Spivakovsky , ウィリアム・チャップマン William Chapman , フランカ・デュヴァル Franca Duval , パトリシア・ネウェイ Patricia Neway , ハーバート・ハント Herbert Handt , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra , シャルル・ミュンシュ Charles Munch , ロレンツォ・ムーティ Lorenzo Muti , ゲニア・ラス Genia Las

メノッティ:歌劇「マリア・ゴロヴィン」(デュヴァル/クロス/ニューウェイ/ハンド/アドラー)

MENOTTI, G.C.: Maria Golovin [Opera] (Duval, Cross, Neway, Las, Handt, P.H. Adler)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111376-77

全トラック選択/解除

Disc 1

ジャン・カルロ・メノッティ - Gian Carlo Menotti (1911-2007)

**:**
歌劇「マリア・ゴロヴィン」

Maria Golovin

録音: 1958, Rome
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1139001
**:**
»  Act I Scene 1: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: One … two … three … Good heavens! (Agata)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: This way, come in, come in! (Mother, Zuckertanz, Donato, Maria)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: This is a sad place to take a little boy! (Agata, Donato)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: … and eight and nine and ten and hop la la! (Mother, Agata)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Who is there? Is there someone? (Donato, Maria)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Tell me the truth (Donato, Maria)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 1: I will pose for you as long as you like (Donato, Maria)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 1: … you must be careful not to play near the lake (Mother, Zuckertanz, Maria, Donato)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Aren't you ready yet? (Donato, Agata, Mother)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Let us sit by the fire (Donato, Maria)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ah Maria, Maria, if you could only see (Donato, Maria)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 2: The prisoners … (Maria, Donato, Trottolo)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 1: What is it? (Donato, Agata)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 1: What is it? (Donato, Prisoner, Agata, Maria)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Oh I am so tired, so tired (Maria, Mother, Donato, Zuckertanz)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Maria … Yes, Donato (Donato, Maria, Mother)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 1: You know, I feel like a girl again (Maria, Donato, Mother, Agata)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: There you are! (Mother, Maria, Zuckertanz, Donato)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Yes, I must leave you, Donato (Maria, Donato, Agata)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Maria. Forgive me (Donato, Maria, Prisoner)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: No, I do not understand a man like you (Prisoner, Donato)
22.

-

Disc 2

ジャン・カルロ・メノッティ - Gian Carlo Menotti (1911-2007)

**:**
歌劇「マリア・ゴロヴィン」

Maria Golovin

録音: 1958, Rome
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1139001
**:**
»  Act III Scene 1: Introduction
1.

-

**:**
»  Act III Scene 1: I'm afraid this is all we have (Mother, Zuckertanz, Maria)
2.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Quando di fuoco si fa la laguna (Maria, Zuckertanz, Mother, Agata, Donato)
3.

-

**:**
»  Act III Scene 2: This is the largest one I have (Mother, Maria)
4.

-

**:**
»  Act III Scene 2: You are unfair, Madame, and you know it (Maria, Mother, Donato)
5.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Have you told him? (Donato, Maria)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Oh, how different is the world once I lie in your arms (Donato, Maria)
7.

-

**:**
»  Act III Scene 3: What time is it? (Donato, Mother, Agata)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 3: At last, my darling (Maria, Donato, Mother, Zuckertanz)
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調

Violin Concerto in A Minor

録音: 8 November 1954, Symphony Hall, Boston, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1139002
**:**
»  I. Allegro moderato
10.

-

**:**
»  II. Adagio
11.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
メノッティのオペラ、マリア・ゴロウィンは1958年8月にブリュッセルで初演され、その3か月後にブロードウェイでも上演されました。多くの人たちは、彼の「電話」や「霊媒」のような人気作となることを期待し、RCAによって録音もされたのですが、残念なことに5回上演されただけで舞台は終演となり、その後忘れられてしまったのです。当時、すでにメノッティのロマンティシズムは時代遅れのものとなっていたのかもしれません。作曲家自身も「不運な仕事」と呼んだこの作品ですが、50年経った今聴いてみると、時代遅れでもなんでもない不滅の作品として新たな光を放つのではないでしょうか?また、あまり耳にすることのないヴァイオリン協奏曲も、実は類い稀なる名曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。