ホーム > アルバム > 8.111393 カヤヌス・コンダクツ・シベリウス 1 - 交響曲第1番/交響詩「ポヒョラの娘」/交響詩「タピオラ」(抜粋)(1930-1932)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111393
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャン・シベリウス Jean Sibelius
アーティスト
ロベルト・カヤヌス Robert Kajanus , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

カヤヌス・コンダクツ・シベリウス 1 - 交響曲第1番/交響詩「ポヒョラの娘」/交響詩「タピオラ」(抜粋)(1930-1932)

SIBELIUS, J.: Symphony No. 1 / Pohjola's Daughter / Tapiola (Kajanus Conducts Sibelius, Vol. 1) (1930-1932)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.111393

全トラック選択/解除

ジャン・シベリウス - Jean Sibelius (1865-1957)

**:**
交響曲第1番 ホ短調 Op. 39

Symphony No. 1 in E Minor, Op. 39

録音: 21-23 May 1930, Central Hall, Westminster, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2223542
**:**
»  I. Andante, ma non troppo - Allegro energico
1.

-

**:**
»  II. Andante (ma non troppo lento)
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Finale (quasi una Fantasia): Andante - Allegro molto
4.

-

 
**:**
交響詩「ポヒョラの娘」 Op. 49
5.

Pohjola's Daughter, Op. 49

録音: 29, 30 June 1932, EMI Abbey Road Studio No. 1
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2223543
 
**:**
交響詩「タピオラ」 Op. 112
6.

Tapiola, Op. 112

録音: 29, 30 June 1932, EMI Abbey Road Studio No. 1
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2223544
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/09/01
かのシベリウス(1865-1957)が、「私の交響曲に、感情の豊かさと美しさ、そしてより一層の深みを与えたのがロベルト・カヤヌス(1856-1933)である」と記したと言います。彼らとの間には、幾度かの諍いがあったものの、強い友情があり、お互いを尊敬していたのでしょう。彼が残したシベリウス作品の録音からは、崇高なる気高さと親密な空気が感じられ、まさに権威ならではの名演と評価されています。また、このアルバムに収録された「ポヒョラの娘」はカヤヌスに献呈された曲でもあります。1930年代にこのような名演があったとは・・・。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。