ホーム > アルバム > 8.120510 ガーシュウィン・プレイズ・ガーシュウィン

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120510
CD発売時期
2001年2月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin
アーティスト
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin , ポール・ホワイトマン・コンサート・オーケストラ Paul Whiteman Concert Orchestra , ポール・ホワイトマン Paul Whiteman , Fred van Eps , Van Eps Quartet

ガーシュウィン・プレイズ・ガーシュウィン

GERSHWIN, George: Gershwin Plays Gershwin (1919-1931)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120510

全トラック選択/解除

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
スワニー
1.

Swanee

録音: Autumn 1919, Montreal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25566
 
**:**
Sweet And Low Down
2.
録音: 6th July 1926, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25567
 
**:**
Looking For A Baby
4.
録音: 6th July 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25569
 
**:**
When Do We Dance?
5.
録音: 6th July 1926, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25570
 
**:**
Do-Do-Do
6.
録音: 8th November 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25571
 
**:**
サムワン・トゥー・ウォッチ・オーバー・ミー
7.

Someone To Watch Over Me

録音: 8th November 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25572
 
**:**
クラップ・ヨー・ハンズ
8.

Clap Yo' Hands

録音: 12th November 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25573
 
**:**
Maybe
9.
録音: 12th November 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25574
 
**:**
My One And Only
10.
録音: 8th June 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25575
 
**:**
'S Wonderful - Funny Face
11.
録音: 12th June 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25576
 
**:**
ラプソディ・イン・ブルー
12.

Rhapsody In Blue

録音: 10th June 1924, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25577
 
**:**
前奏曲第1番
13.

Prelude No. 1

録音: 11th June 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25578
 
**:**
前奏曲第2番
14.

Prelude No. 2

録音: 11th June 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25579
 
**:**
前奏曲第3番
15.

Prelude No. 3

録音: 11th June, 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25581
 
**:**
ラプソディ・イン・ブルー - アンダンテ
16.

Andante from Rhapsody In Blue

録音: 11th June 1928, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25580
 
**:**
第2ラプソディ
17.

Second Rhapsody

録音: 26th June 1931, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25582
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 岩間哲男 投稿日:2008/08/28
ガーシュウィンの自作自演集です。ニューヨークの楽譜街“ティン・パン・アレイ”のピアニストだったガーシュウィンの演奏は“佳き時代”のアメリカを彷彿とさせるノスタルジックなもので堪らない魅力があります。「ラプソディ・イン・ブルー」は委嘱したダンス・バンド、ポール・ホワイトマン楽団とのいわばオリジナル演奏。近年のクラシカルな解釈とは違った奔放な鷹揚さが楽しめます。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
遂に出ました! 待望久しいジョージ・ガーシュウィンの自作自演集。1曲目の「スワニー」のヘンチクリンなバンジョーはご愛敬ですが、やはりティン・パン・アレイで鍛えたピアニズム。ピアノで「歌う」ってのはこういうことですね。「お約束」の「ラプソディー・イン・ブルー」はポール・ホワイトマン楽団の伴奏で。「やさしき伴侶を」「ス・ワンダフル」等のスタンダードもたっぷりはいってます。こういう企画は大歓迎! 次は何でしょう? 「ポーギーとベス」あたりは無いのかな?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。