ホーム > アルバム > 8.120524 グレイシー・フィールズ 第2集「ルッキング・オン・ザ・ブライト・サイド」オリジナル・レコーディングス 1931-1942

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

グレイシー・フィールズ 第2集「ルッキング・オン・ザ・ブライト・サイド」オリジナル・レコーディングス 1931-1942

FIELDS, Gracie: Looking on the Bright Side (1931-1942)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120524

全トラック選択/解除

**:**
Looking On The Bright Side
1.
録音: 27th July, 1932, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31968
 
**:**
He's Dead, But He Won't Lie Down
2.
録音: 27th July, 1932, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31969
 
**:**
At The Court of Old King Cole
3.
録音: 27th July, 1932, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31970
 
**:**
They All Make Love But Me
4.
録音: 27th July, 1932, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31971
**:**
The Organ, The Monkey and Me
5.
録音: 11th October, 1937, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31972

ロナルド・ヒル - Ronald Hill

**:**
Turn 'Erbert's Face To The Wall, Mother
6.
録音: July, 1935, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31973

シグマンド・ロンバーグ - Sigmund Romberg (1887-1951)

**:**
When I Grow Too Old To Dream
7.
録音: July, 1935, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31974
**:**
In Me 'Oroscope
8.
録音: 22nd February, 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31975
**:**
You've Got To Be Smart In The Army Nowadays
9.
録音: 12th November, 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31976
**:**
The Thing-Ummy-Bob (That's Going To Win The War)
10.
録音: 25th June, 1942, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31977

エルド・ディ・ラザロ - Eldo di Lazzaro (1902-1968)

**:**
Woodpecker Song
11.
録音: 7th March, 1940, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31978
**:**
The Bleeding Heart
12.
録音: 2nd February, 1942, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31979
 
**:**
Grandfather's Bagpipes
13.
録音: September, 1935, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31980

チャールズ・トビアス - Charles Tobias (1898-1970)

**:**
Little Curly Hair In A High Chair
14.
録音: 7th March, 1940, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31981

Will E. Haines / セイモア・ヒックス - Seymour (Sir) Hicks (1871-1949) / Lanny Rogers / スペンサー・ウィリアムズ - Spencer Williams (1889-1965) / ハリー・パー=デイヴィス - Harry Parr-Davies (1914-1955) / Howard Fisher / シグマンド・ロンバーグ - Sigmund Romberg (1887-1951)

**:**
Our Gracie With The Boys In France (Medley)
15.
録音: 17th November, 1939, recorded from a broadcast "Somewhere in France"
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31982
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
イギリスが生んだ偉大なコメディエンヌ・グレイシー・フィールズの第2弾が登場。声色を使い、笑ったり、怒ったり、しょげたり、とにかく表現力豊かな芸の細かさが圧巻です。その一方で、スタンダード・ナンバーの〈夢見る頃を過ぎても〉ではのびやかな高音を華麗に駆使するなど、達者な歌いっぷりも印象的。「あまりにも濃厚で付いていけない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、これだけの個性の持ち主というのは、そうザラにはいないでしょう。アルバムのラストに収められた12分に及ぶ〈アワ・グレイシー・ウィズ・ザ・ボーイズ・イン・フランス〉の臨場感に満ちた“濃い”世界は、在りし日の彼女の魅力を活き活きと伝えてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。