ホーム > アルバム > 8.120532 コールマン・ホーキンス「ボディ・アンド・ソウル」(1933-1949)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

コールマン・ホーキンス「ボディ・アンド・ソウル」(1933-1949)

HAWKINS, Coleman: Body and Soul (1933-1949)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120532

全トラック選択/解除

ジミー・マクヒュー - Jimmy McHugh (1894-1969)

**:**
On The Sunny Side Of The Street
1.
録音: 24 May 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27662

ジョニー・グリーン - Johnny Green (1908-1989)

**:**
ボディ・アンド・ソウル
2.

Body and Soul

録音: 11 October 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27663

ファッツ・ウォーラー - Fats Waller (1904-1943)

**:**
ハニーサックル・ローズ
3.

Honeysuckle Rose

録音: 18 November 1934, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27664

ホレス・ヘンダーソン - Horace Henderson

**:**
Jamaica Shout
4.
録音: 29 September 1933, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27665

Leonard Feather (1914-1994)

**:**
Dedication
5.
録音: 25 May 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27666

コールマン・ホーキンス - Coleman Hawkins (1904-1969)

**:**
Fine Dinner
6.
録音: 11 October 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27667

ネイル・モレット - Neil Moret (1878-1943)

**:**
He's Funny That Way
7.
録音: 31 January 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27668

コールマン・ホーキンス - Coleman Hawkins (1904-1969) / Oscar Pettiford (1922-1960)

**:**
Voodte
8.
録音: 8 December 1943, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27669

アーヴィング・バーリン - Irving Berlin (1888-1989)

**:**
How Deep Is The Ocean
9.
録音: 8 December 1943, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27670

リチャード・A・ホワイティング - Richard A. Whiting (1891-1938)

**:**
Louise
10.
録音: 24 May 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27672

コールマン・ホーキンス - Coleman Hawkins (1904-1969)

**:**
Rainbow Mist
11.
録音: 22 February 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27674
**:**
Cattin' At Keynote
12.
録音: 17 February 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27676

コールマン・ホーキンス - Coleman Hawkins (1904-1969)

**:**
Leave My Heart Alone
13.
録音: 11 January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27680

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
夜と昼
14.

Night And Day

録音: 17 February 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27678

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
I Only Have Eyes For You
15.
録音: 31st January, 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27683
**:**
Flamethrower
16.
録音: 17 February 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27685

リチャード・ロジャース - Richard Rodgers (1902-1979)

**:**
There's A Small Hotel
17.
録音: 29 August 1949, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27686

ベニー・グッドマン - Benny Goodman (1909-1986) / エドガー・サンプソン - Edgar Sampson (1907-1973) / チック・ウェッブ - Chick Webb (1909-1939)

**:**
Stompin' At The Savoy
18.
録音: 14 June 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27688
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ジャズの代表的な楽器といえば、「魅惑のテナー」(アルトサックスは「哀愁のアルト」なんですねえ)。しかし、この楽器、ジャズ創世記には姿を見せていない。この楽器のステイタスを作ったのはホーキンスおやじなのだ。これまで何となく荒っぽいフレージングと思って(特にベン・ウェブスターと比べて)いたが、こうやって聴くと、相当にモダン。半音代理進行的なフレーズも随所に出てくる。ワーデル・グレイが出て来なきゃビバップ・テナーも誕生しなかったろうが、Body And Soul, Honeysuckle Rose, How Deep Is The Ocean,There’s A Small Hotel 等はテナーのお手本ですなあ。でもテディ・ウィルソンやエリス・ラーキンスのピアノもさりげなくてイイです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。