ホーム > アルバム > 8.120571 チャーリー・パーカー:「オーニソロジー」クラシック・レコーディングス(1945-1947)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120571
CD発売時期
2001年5月
資料
ジャンル
ジャズ・レジェンド
カテゴリ
ジャズ・レジェンド
作曲家
ディジー・ガレスピー Dizzy Gillespie , ジミー・シャーマン Jimmy Sherman , ジミー・デイヴィス Jimmy Davis , チャーリー・パーカー Charlie Parker , フランク・パパレッリ Frank Paparelli , ドロシー・フィールズ Dorothy Fields , ジミー・マクヒュー Jimmy McHugh , Tadd Dameron , Benny Harris , Shifty Henry , Roger Ramirez
作詞家
ジミー・シャーマン Jimmy Sherman , ジミー・デイヴィス Jimmy Davis , Roger Ramirez
アーティスト
チャーリー・パーカー Charlie Parker , Dizzy Gillespie All-Star Quintet

チャーリー・パーカー:「オーニソロジー」クラシック・レコーディングス(1945-1947)

PARKER, Charlie: Ornithology (1945-1947)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120571

全トラック選択/解除

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955) / Benny Harris (1919-1975)

**:**
オーニソロジー
1.

Ornithology

録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27512

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / フランク・パパレッリ - Frank Paparelli (1917-1973)

**:**
チュニジアの夜
2.

A Night In Tunisia

録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27513

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Ko-Ko
3.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27516
 
**:**
Now's The Time
4.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27517
 
**:**
Donna Lee
5.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27518

Tadd Dameron (1917-1965)

**:**
Hot House
6.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27522

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Moose The Mooche
7.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27514
 
**:**
Bird Of Paradise
8.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27521
 
**:**
ヤードバード組曲
9.

Yardbird Suite

録音: 11 May 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27515

ジミー・デイヴィス - Jimmy Davis / Roger Ramirez (1913-1994) / ジミー・シャーマン - Jimmy Sherman (1908-1975)

**:**
ラヴァー・マン

Lover Man (Oh, Where Can You Be?)

録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27526
**:**
»  Lover Man
10.

-

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Scrapple From The Apple
11.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27519
 
**:**
Dewey Square
12.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27520

ドロシー・フィールズ - Dorothy Fields (1905-1974) / ジミー・マクヒュー - Jimmy McHugh (1894-1969)

**:**
Don't Blame Me
13.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27528

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993)

**:**
Groovin' High
14.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27523
 
**:**
Dizzy Atmosphere
15.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27524

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Relaxin' At Camarillo
16.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27525

Shifty Henry (1920-1958)

**:**
Dark Shadows
17.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27529

チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Dexterity
18.
録音: 11th May, 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/27527
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 岩間哲男 投稿日:2008/08/28
いつも「火の鳥」のスコアを持ち歩いていたというチャーリー・パーカー。彼のアドリブ・フレーズのどこにその影響があるかは分かりませんが、ストラヴィンスキー同様、音楽的な革新をジャズにもたらしたことは確かです。スウィングからモダンへと変化していった1940年代、パーカーの最も脂の乗っている時の録音で、複雑なアクセントと和声展開が驚くほど流麗なソロの中で行われています。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
昔、ジャズを始めた人間が必ず聴くレコードというものがあった。ピアノならパウエルのル-スト盤やエバンスの Portrait in Jazz、ギターはウェスの Boss Guitar、そしてアルトサックスはパーカーのダイヤル盤だった。最近、こういうのあんまり流行らないらしいスね。各大学のジャズ研の技術水準が目を覆うほど低下した遠因もここらあたりか。代表曲をダイヤル、サヴォイの代表的演奏で聴かせる・・・これは必聴盤ですな。昔ワシらは、パーカーの演奏部分だけをテープにダビングして1日中聴いたもんだった。おい、そこらでジャズを始めた大学生! 皆黙って1枚買ってけ!! パーカー聴かずしてジャズを語るべからず。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。