ホーム > アルバム > 8.120575 ジャンゴ・ラインハルト 第2集:フランス・ホットクラブ五重奏団録音集 1938-1939

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120575
CD発売時期
2001年7月
資料
ジャンル
ジャズ・レジェンド
カテゴリ
ジャズ・レジェンド
作曲家
ファッツ・ウォーラー Fats Waller , ディノ・オリヴィエーリ Dino Olivieri , ガス・カーン Gus Kahn , ステファン・グラッペリ Stéphane Grappelli , アイシャム・ジョーンズ Isham Jones , ドリス・タウバー Doris Tauber , ワルター・ドナルドソン Walter Donaldson , メイシオ・ピンカード Maceo Pinkard , コール・ポーター Cole Porter , リチャード・A・ホワイティング Richard A. Whiting , ジャンゴ・ラインハルト Django Reinhardt , アンディ・ラザフ Andy Razaf , Raymond B. Egan , Harry Ruby , Ted Shapiro
アーティスト
ステファン・グラッペリ Stéphane Grappelli , ホット・クラブ・ド・フランス・クィンテット Hot Club de France Quintet , ジャンゴ・ラインハルト Django Reinhardt

ジャンゴ・ラインハルト 第2集:フランス・ホットクラブ五重奏団録音集 1938-1939

REINHARDT, Django: Django Reinhardt (1938-1939) (Reinhardt, Vol. 2)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120575

全トラック選択/解除

ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953) / ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997)

**:**
Appel Indiret

録音: 14th June 1938, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29590
**:**
»  Appel Indirect
1.

-

ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997) / ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953)

**:**
Billets Doux

録音: 14th June 1938, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29591
**:**
»  Billet Doux
2.

-

リチャード・A・ホワイティング - Richard A. Whiting (1891-1938) / Raymond B. Egan (1890-1952)

**:**
Japanese Sandman
3.
録音: 21st March 1939, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29592

Harry Ruby (1895-1974)

**:**
Three Little Words
4.
録音: 14th June 1938, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29593

ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953) / ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997)

**:**
Stompin' at Decca
5.
録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29594
 
**:**
スーベニアーズ
6.

Souvenirs

録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29595

メイシオ・ピンカード - Maceo Pinkard (1897-1962)

**:**
スウィート・ジョージア・ブラウン
7.

Sweet Georgia Brown

録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29596

ディノ・オリヴィエーリ - Dino Olivieri (1905-1963)

**:**
Tornerai (J'attendrai)
8.
録音: 1st February 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29597
**:**
If I Had You
9.
録音: 1st February 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29598

アイシャム・ジョーンズ - Isham Jones (1894-1956)

**:**
イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー
10.

It Had To Be You

録音: 1st February 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29599

ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997) / ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953)

**:**
夜想曲
11.

Nocturne

録音: 1st February 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29600

ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953) / ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997)

**:**
Black and White
12.
録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29601

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
夜と昼
13.

Night and Day

録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29602

アンディ・ラザフ - Andy Razaf (1895-1973) / ファッツ・ウォーラー - Fats Waller (1904-1943)

**:**
Honeysuckle Rose
14.
録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29603

ジャンゴ・ラインハルト - Django Reinhardt (1910-1953) / ステファン・グラッペリ - Stéphane Grappelli (1908-1997)

**:**
スイング 39
15.

Swing 39

録音: 21st March 1939, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29604

ガス・カーン - Gus Kahn (1886-1941) / ワルター・ドナルドソン - Walter Donaldson (1893-1947)

**:**
I Wonder Where My Baby Is Tonight
16.
録音: 21st March 1939, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29605

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
Why Shouldn't I?
17.
録音: 31st January 1938, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29606

メイシオ・ピンカード - Maceo Pinkard (1897-1962) / ドリス・タウバー - Doris Tauber (1907-1996)

**:**
Them There Eyes
18.
録音: 14th June 1938, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/29607
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ジャズ・ギターって、何となくジャズの歴史の中では傍流にあるような感じがする。スウィングもバップ・イディオムもモードも、基本的には管楽器的な発想だもんね。だけど、ここでのジャンゴを聴いて目が醒めた。ここには、既にウェスはおろか、メセニーの語法を先取りしている(1曲目のアルペジオは、まさにそれ)。勿論、グラッペリがいてこそのこの雰囲気! 当時のパリには、やっぱり音楽の「華」も「先進性」もあったのだな、と判ります。これは一生聴き続けて損の無い音楽でっせ。例えば、 Night and Day のフレージングなんか、ポッと出の若造にはとても出せない味わいですなあ。ギターもヴァイオリンも。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。