ホーム > アルバム > 8.120582 デイジー・ガレスピー - グルーヴィン・ハイ (1942-1949)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

デイジー・ガレスピー - グルーヴィン・ハイ (1942-1949)

GILLESPIE, Dizzy: Groovin' High (1942-1949)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120582

全トラック選択/解除

Lucky Millinder (1900-1966)

**:**
Little John Special
1.
録音: 29th July 1942, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31477

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / フランク・パパレッリ - Frank Paparelli (1917-1973)

**:**
チュニジアの夜
2.

Interlude (A Night In Tunisia)

録音: January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31478

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993)

**:**
Be-Bop
3.
録音: 9th January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31479

カウント・ベイシー - Count Basie (1904-1984) / Tadd Dameron (1917-1965)

**:**
Good Bait
4.
録音: 9th January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31480

アイラ・ガーシュウィン - Ira Gershwin (1896-1983)

**:**
I Can't Get Started (with You) (arr. for trumpet)
5.
録音: 09 January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31481

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / Kenny Clarke (1914-1985)

**:**
Salt Peanuts
6.
録音: 9th January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31482

レイ・ノーブル - Ray Noble (1903-1978)

**:**
Cherokee
7.
録音: 12th January 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31483

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / フランク・パパレッリ - Frank Paparelli (1917-1973)

**:**
Groovin' High
8.
録音: 28th February 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31484

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993)

**:**
Blue 'n Boogie
9.
録音: 9th February 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31485

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / チャーリー・パーカー - Charlie Parker (1920-1955)

**:**
Shaw 'Nuff
10.
録音: 11th May 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31486
**:**
Ol' Man Rebop
11.
録音: 22nd February 1946, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31487

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / Babe Brown

**:**
エマノン
12.

Emanon

録音: 12th November 1946, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31488

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993)

**:**
Oopapada
13.
録音: 22nd August 1947, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31489

シグマンド・ロンバーグ - Sigmund Romberg (1887-1951)

**:**
Lover Come Back To Me
14.
録音: 29th December 1948, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31490

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993)

**:**
Guarachi Guard
15.
録音: 29th December 1948, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31491

メアリー・ロウ・ウィリアムズ - Mary Lou Williams (1910-1981)

**:**
In The Land Of Oo-Bla-Dee
16.
録音: 6th July 1949, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31492

セロニアス・モンク - Thelonious Monk (1917-1982) / メアリー・ロウ・ウィリアムズ - Mary Lou Williams (1910-1981)

**:**
'Round About Midnight
17.
録音: 7th February 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31493

ディジー・ガレスピー - Dizzy Gillespie (1917-1993) / Gil Fuller (1920-1994)

**:**
Things To Come
18.
録音: 9th July 1946, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31494
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 岩間哲男 投稿日:2008/08/28
ディジー・ガレスピーはリー・モーガン、ジョン・ファディスといったトランペッターは勿論のことテナー・サックスのカリスマ、ジョン・コルトレーンを育てあげるなど、ジャズ界に大きな貢献を果たした巨人です。ジャズに革命が起こった40年代、彼やチャーリー・パーカーにより革新されたジャズ、スウィングからモダンへの掛け橋となった「ビ・バップ」激動の記録がここに残されています。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ガレスピーは、長生きしたが故に「伝説」になりそこねた。失礼な話ですが、生のパーカーを見れず、老いたガレスピーを何度も日本のジャズフェスで見たファンはそう思うだろうな。パーカーが、いわゆる「名盤」を多数吹き込んでいるのに対し、ディズは「決定盤に欠ける」ことも一因。でも、ガレスピーの全盛時は凄いでっせ。艶のあるハイノートとスピード感溢れるフレージング。そして、彼のビッグバンドのサウンドの新しさ! ダメロン、ギル・フラー、ジョン・ルイス、ジョージ・ラッセル等をアレンジャーとして雇ったんだから当然か。堪能して下さい。パーカーも1曲入ってます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。