ホーム > アルバム > 8.120586 フランク・シナトラ:アーリー・イヤーズ第2集(1939-1945)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120586
CD発売時期
2002年3月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
アーサー・アルトマン Arthur Altman , ジミー・ヴァン・ヒューゼン Jimmy Van Heusen , ハリー・ウォーレン Harry Warren , ホーギー・カーマイケル Hoagy Carmichael , ジュローム・カーン Jerome Kern , オトマール・クローゼ Othmar Klose , ハリー・ジェイムズ Harry James , ジューリー・スタイン Jule Styne , アーヴィング・バーリン Irving Berlin , ルーブ・ブルーム Rube Bloom , アルベルト・ペスタロッツァ Alberto Pestalozza , ブルックス・ボウマン Brooks Bowman , ネイル・モレット Neil Moret , ルドルフ・ルケシュ Rudolf Lukesch , フランク・レッサー Frank Loesser , リチャード・ロジャース Richard Rodgers , Morty Berk , John Schonberger , Einar Aaron Swan
作詞家
ボブ・エメリッヒ Bob Emmerich , サミー・カーン Sammy Cahn , アーヴィング・バーリン Irving Berlin , オスカー・ハマースタイン2世 Oscar Hammerstein II , ビリー・シラス・ヘイズ Billy Silas Hays , ブルックス・ボウマン Brooks Bowman , リチャード・A・ホワイティング Richard A. Whiting , ジャック・ローレンス Jack Lawrence , Buddy Bernier , Andy Gibson
編曲者
ハリー・ジェイムズ Harry James
アーティスト
アクセル・ストーダール管弦楽団 Axel Stordahl Orchestra , ケン・レーン・シンガーズ Ken Lane Singers , フランク・シナトラ Frank Sinatra , トミー・ドーシー管弦楽団 Tommy Dorsey Orchestra , Bobby Tucker Singers , Harry James Orchestra , Pied Pipers

フランク・シナトラ:アーリー・イヤーズ第2集(1939-1945)

SINATRA, Frank: The Early Years, Vol. 2 (1939-1944)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120586

全トラック選択/解除

アーサー・アルトマン - Arthur Altman (1910-1994)

**:**
All Or Nothing At All
1.
録音: September 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31640
**:**
Ciribiribin
2.
録音: November, 1939, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31641

フランク・レッサー - Frank Loesser (1910-1969)

**:**
Here Comes The Night
3.
録音: September, 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31642

ハリー・ジェイムズ - Harry James (1916-1983) / Morty Berk

**:**
From The Bottom Of My Heart
4.
録音: July 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31643
**:**
Whispering
5.
録音: June 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31644

ルーブ・ブルーム - Rube Bloom (1902-1976)

**:**
Fools Rush In
6.
録音: March, 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31645
**:**
Hear My Song, Violetta
7.
録音: March, 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31646

ブルックス・ボウマン - Brooks Bowman (1913-1937)

**:**
East Of The Sun
8.
録音: April, 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31647

アーヴィング・バーリン - Irving Berlin (1888-1989)

**:**
It's A Lovely Day Tomorrow
9.
録音: April, 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31648

ジュローム・カーン - Jerome Kern (1885-1945)

**:**
The Song Is You
10.
録音: July, 1942, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31649

ホーギー・カーマイケル - Hoagy Carmichael (1899-1981)

**:**
Lamplighters Serenade
11.
録音: July, 1942, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31650

Einar Aaron Swan (1903-1940)

**:**
When Your Lover Has Gone
12.
録音: December, 1944, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31651

ネイル・モレット - Neil Moret (1878-1943)

**:**
She's Funny That Way
13.
録音: December, 1944, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31652

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
You'll Never Know
14.
録音: March, 1943, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31653

ジミー・ヴァン・ヒューゼン - Jimmy Van Heusen (1913-1990)

**:**
Sunday, Monday Or Always
15.
録音: April, 1943, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31654

ジューリー・スタイン - Jule Styne (1905-1994)

**:**
I Begged Her
16.
録音: 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31655
 
**:**
What Makes The Sunset?
17.
録音: 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31656
 
**:**
I Fall In Love Too Easily
18.
録音: 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31657
 
**:**
The Charm Of You
19.
録音: 1944, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31658

リチャード・ロジャース - Richard Rodgers (1902-1979)

**:**
ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン
20.

You'll Never Walk Alone

録音: 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31659
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「若い娘にはキャーキャーと騒がれているけど、いずれ消えるだろう」。エルヴィスも、ビートルズも、人気に火がつき始めた時に、わけ知り顔をした業界人や評論家にそんなことを言われましたが、実は若き日のフランク・シナトラもまったく同じようなことを言われていたのです。しかし、ハリー・ジェイムス楽団からトミー・ドーシー楽団へと転じて、シナトラの人気はさらに急上昇。やがて映画にも進出し、押しも押されもせぬスーパー・スターになっていきます。その時期の彼の魅力といえば、なめらかなヴェルヴェット・ボイス!ある時はスウィンギーに、またある時は甘く歌われる、数々のヒット・チューンは今も色褪せぬ魅力を湛えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。